パッケージ

本商品は「軍事資料データベース」のWindows版です。
Windows95およびWindows98上で動作します。
Windows2000〜Windows10上で動作します。

当社のリサーチによる軍事資料集にパソコンらなではのデータ検索機能を持たせてデータベース化したものです。
シリーズ第1弾の「第二次世界対戦・太平洋編」では、太平洋戦争における作戦、兵器、人物、用語、統計資料等のデータを収録しています。
「作戦」では太平洋戦争で行われた主要68作戦の背景、参加兵力、経過、結果などを、「兵器」では太平洋戦争で使用された艦船、航空機、陸戦兵器のデータおよび主要艦船1隻ごとの戦歴を、「人物」では太平洋戦争における将軍、提督および政治家の経歴を収録しています。
また、初心者でも分かりやすく本データベースが使えるよう、部隊の編成や制度等に関する軍事用語集も収録しています。
本データベースは強力なデータ検索機能を持ち、例えばマリアナ沖海戦に関する情報を表示中に、作戦に参加した艦船の戦歴や艦隊を指揮している提督の経歴などのデータを即座に引き出すことができます。
このデータ検索機能を使えば、普通なら大量の本を山積みしなければ調べられない情報をワンタッチで簡単に引き出すことができるので大変便利です。

Windows版ではPC-9801版に比べ、以下のデータが追加されています。
 ・日本陸軍主要師団/軍/方面軍/装軍の一覧及びその戦歴
 ・日本海軍各戦隊/艦隊/方面艦隊の一覧及びその戦歴
 ・日本陸海軍主要航空隊の一覧及びその戦歴

発売日 1998年3月
弊社通信販売にて発売中
価格 4,000円
対応OS 日本語版Windows2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
2017年12月1日出荷バージョンよりWindows95/98/Meは非対応となりました。
インストール時にエラーメッセージが表示される場合がありますが無視して構いません。
(詳しくはこちら


全ての環境での動作を保証するものではありません。
タブレットPCおよびエミュレータ環境、仮想ドライブは動作保証外です。
本製品は現在、当社直接通販のみ行っております。
なおCD-ROM品切れのためCD-Rとなります。

 ヘルプファイルの表示について
Vista以降のOSでは、XPおよびXP以前のアプリケーションで使用していたヘルプファイルを開く事ができません。
これはヘルプファイルを開くために必要なプログラムWinHlp32.exeがVista以降のWindowsに標準搭載されていないためです。
このため通信販売ではヘルプを印刷したA4サイズ1枚のプリントを同梱いたします。
 2017年12月1日出荷バージョンより以下の問題は解決しています
WindowsXPおよび2000をお使いの方へ(インストール時の注意)
インストールを行うとハードディスク上に「軍事資料データベース増補版」というフォルダが自動的に作成され、そのフォルダ内にプログラム等のファイルがコピーされます(インストール時に表示されるファイルオープンエラーは無視して構いません)
ところがWindowsXPおよびWindows2000では下位フォルダがコピーされません。

この問題の解決策は以下の通りです。
◆WindowsXPの場合
Windows98/Meの互換モードでインストーラーを起動してインストールを行って下さい。

◆Windows2000の場合
エクスプローラを使ってCD内の
AirChrClsLandOpeShipの各フォルダを「軍事資料データベース増補版」フォルダの直下にコピーしていただければ正常に動作いたします。
全フォルダがインストールされると、フォルダ構成は右のようになります。
正しくインストールされていない状態 全ファイルがインストールされた状態
軍事資料データベース増補版フォルダ
     └──DBPProWin.exe等のファイル

※6個の下位フォルダがコピーされていません。
軍事資料データベース増補版フォルダ
     ├──
Airフォルダ
     ├──
Chrフォルダ
     ├──
Clsフォルダ
     ├──
Landフォルダ
     ├──
Opeフォルダ
     ├──
Shipフォルダ
     └──DBPProWin.exe等のファイル
※手作業でのインストールが完了した状態です。
  6個の下位フォルダがコピーされています。
初心者の方がエクスプローラを使ってファイルやフォルダをコピーするのは危険を伴うのでご注意下さい。
恐れ入りますが手作業によるインストールはお客様の責任において行って下さいますようお願いいたします。