台南空のエース

>台南空エースについて御教授願えればと思います。

それではまず台南空について。
以前、「航空戦の実相」で触れたが開戦時の台南空は初日のフィリピン攻撃へ45機出撃させこれら45名中4割の18名が開戦から7ヶ月以内に戦死した。
当時の台南空は1個中隊9機(中隊は3個小隊なので1個小隊は3機となる。また中隊長は第1小隊長を兼任する。)で編成されていたが各中隊で損耗に大きな差がある。
第4中隊の場合、開戦から2ヶ月を経ずして過半数の5名(55%)が戦死したが坂井上飛曹が所属した第1中隊の同期間に於ける戦死者は2名(22%)だけだった。
不運だったのは第4中隊ばかりではない。
第1中隊は過半数の5名が太平洋戦争を生き抜き終戦を迎えたが第3中隊の場合、1名を除いて全て戦死している。
第2中隊にしても生き残ったのは1名だけに過ぎない。
まず搭乗員45名の搭乗員歴を見よう。
搭乗員歴1年以上のベテランが35名、1年未満の若年搭乗員が10名である。
ではこれらの搭乗員は均等に配員されていたのだろうか?
そんな事はない。
第1〜3中隊まではベテラン8名と若年搭乗員1名で編成されていたが第4中隊はベテラン6名に若年搭乗員3名、第5中隊に至ってはベテラン5名に若年搭乗員4名で編成されていた。
また小隊レベルで見ると第4中隊の第3小隊と第5中隊の第3小隊などはベテラン1名と若年搭乗員2名である。
ベテランと若年搭乗員の生存比率を比べて見よう。
ベテラン35名中で太平洋戦争を生き残ったのは12名で生存率34%。
一方、若年搭乗員10名中生き残ったのは1名で生存率は10%に過ぎない。
実に3倍以上の開きがある。
しかし「物は言いよう」でもある。
まったく同じデータを戦死率で比較すると「ベテランは35名中23名が戦死して戦死率65%、若年搭乗員は10名中9名が戦死して90%。ベテランと若年搭乗員の差は1.5倍未満に過ぎない。」となる。
かくも数値から実相を反映させるのは難しい。
坂井上飛曹が所属した台南空第1中隊は「運と実力を持ち合わせたベテラン揃い」であり精強を誇った台南空でもちょっと特殊なのである。
「大空のサムライ」の語る言葉は真実であると僕は思うが違った観点から台南空を見る事もまた重要であろう。
それではお待ちかねの「台南空のエース」について。
なお以降、階級は最終階級(よって坂井上飛曹ではなく坂井中尉となる。また死後昇進した場合も適用する。)で記述する。
日本海軍のエースでスコア11機以上は90名存在するがそのうち26名が台南空での在隊経験をもつ。
ちなみにスコア16機以上に限れば39名中14名だ。
この14名中で開戦時から台南空に在籍していたのは7名。
ただし開戦初日の攻撃で出撃したのは6名であった。
坂井三郎中尉(スコア64機)、太田敏夫飛曹長(34機)、石井静夫飛曹長(29機)、田中国義少尉(17機)、上平啓州中尉(17機)、石原進少尉(16機)の面々だ。
また開戦時に出撃した45機のうち16機未満のエースでは宮崎儀太郎中尉(13機)、磯崎千利大尉(12機)、和泉秀雄1飛曹(9機)などがいる。
合計9名のうち石原進少尉と和泉秀雄1飛曹以外の7名は開戦時のベテランである。
45機のうち9名が著名なエースとなるのだから流石と言うしかない。
一方、開戦時には若年搭乗員ゆえ先発メンバーには入らなかったが以後、メキメキとスコアを伸ばしたエースに笹井醇一少佐(27機)がいる。
彼は若年搭乗員のまま撃墜王となり若年搭乗員のまま戦死した。
一種の天才型エースと言えよう。
さてここまで書いてきて「何故、日本一のエースである西沢の名前が出てこない?」と思った方が多いであろう。
前述した様に開戦早々、台南空は多くの搭乗員を失った。
失った搭乗員は補充されねばならない。
その補充源は内地から送られてくる若年搭乗員と教官出身などのベテラン、他隊のベテランが大部分を占める。
しかし他隊とはなんぞや?
開戦時に日本海軍の戦闘機搭乗員は空母、内地の教育部隊、台南空、3空、千歳空、ペリリュー派遣隊、山田部隊などに配備されていた。
これらのうちペリリュー派遣隊と山田部隊は台南空と3空から抽出された搭乗員で構成されているので正確に言えば他隊から転属ではなく原隊復帰である。
さて千歳空であるがこの部隊は96式陸攻36機(常用27+補用9)と96式艦戦36機(常用27+補用9)の混成で開戦時はマーシャル諸島に配備(艦戦についてはルオット、タロア、トラックの分散配備)されていた。
フィリピン攻略作戦とマレー攻略作戦の為に台湾と仏印へ基地航空隊の主力が集中されていたのに対し太平洋正面には水上機部隊や飛行艇部隊を除くと千歳空だけしか配備されていなかったのである。
この千歳空戦闘機隊は1942年2月1日のヒットエンドラン作戦に対する迎撃以外、殆ど戦闘に巻き込まれていなかったので緒戦期には多くのベテラン搭乗員が温存されており多くの搭乗員を失った台南空、3空への補充源となっていった。
また千歳空の一部とペリリュー派遣隊で4空(陸攻と艦戦)がラバウルに新設されここから台南空へ編入される事もあった。
開戦時、千歳空に所属していた台南空エースには西沢広義中尉(87機)、岡野博飛曹長(19機)、中谷芳市飛曹長(16機)、吉野さとし少尉(15機)、山下佐平少尉(13機)、国分武一2飛曹(11機)などがいる。
なお台南空に所属する事はなかったが開戦時、千歳空に所属していたエースには荻谷信男飛曹長(24機)、長野喜一飛曹長(19機)、志賀正美少尉(16機)などがいた。
一方、内地から台南空へ転属してきたエースにはベテラン組として奥村武雄飛曹長(54機)、大木芳男少尉(17機)、高塚寅一少尉(16機)、吉田素綱飛曹長(14機)、半田亘理中尉(13機)などがおり若年搭乗員には羽藤一志2飛曹(19機)、遠藤桝秋1飛曹(14機)、山崎市郎平1飛曹(14機)、堀光雄飛曹長(11機)などがいる。
吉村啓作3飛曹(12機)や安井孝三郎少尉(11機)は開戦時、山田部隊に所属していた転入組である。
ちなみに補充として台南空へ転属してきた搭乗員の全てがエースとなった訳ではない。
開戦時の先発メンバー45名中4割の18名が開戦から7ヶ月以内に戦死したが1942年6月までにそれ以外の15名(開戦時、既に台南空に所属していたが初出撃には参加できなかった搭乗員を含む)が戦死した。
エースが誕生する背景には多くの搭乗員が無名のまま戦死していった事も忘れてはならないだろう。
開戦から7ヶ月(1942年6月)で33名(11機以上のエース2名)が戦死した台南空では翌月2名、8月には13名(11機以上のエース2名)の搭乗員が戦死している。
もはやこの15名の中に先発メンバー45名は僅か2名しか含まれていない。
先発メンバーの多くが戦死した他、1942年4月の人事異動で新設の6空へ転属(新郷中佐以下日高、島川、上平、西山など5名以上)したり内地の教育部隊に転属(田中、石井、石原、磯崎など4名以上)した為、「先発メンバーより補充で転属してきた搭乗員の方が多くなっていたから」である。
(やはりなんと言っても平均的に見れば内地からやってきたばかりの若年搭乗員より古参の先発メンバーの方が空戦が上手いので戦死率が低いと考えられる。)
45名から20名戦死し9名以上が転属し2名以上が傷病(坂井、小池)して内地へ戻ったのだから1942年9月時点で台南空には開戦時の先発メンバーは14名以下しか残っていない。
もはや完全に代がわりしていたと言えよう。
ちなみに9月の戦死者は6名(11機以上のエース3名)、10月の戦死者は7名(11機以上のエース2名)であった。
すなわち台南空での在隊経験をもつ11機以上のエース26名中9名が台南空で戦死したのである。
台南空には他にもエースがいるがとりあえず今日はこの辺で。


前のページに戻る