航空戦の実相

本文は以前、掲示板に記載した文章を再編集している。
元来は太平洋戦記2に対する解説文なのだがゲームをお持ちでない方が読まれる事を考え文脈に影響を与えない限りゲームに関する記述は削除した。
要旨は緒戦期に於ける日本軍航空機及び搭乗員の補充及び損耗状況の概括である。
一般的に緒戦期の日本軍航空部隊は鎧袖一触の戦いを繰り広げたとされているが意外と損耗が多い事を御理解頂けると思う。

1.補充について
さて、戦史叢書87巻295頁では日本陸軍が開戦劈頭の南方作戦に用意した航空機数を591機としている。
だがこの数値は実数ではない。
開戦時、台湾の第5飛行集団に所属する戦闘機部隊には第24と第50の2個戦隊(計6個中隊72機)があったはずだがこの資料では1個戦隊分の36機しか記載されておらずその他にもだいぶ機数が少なくなっている。
なお太平洋戦記2で南方地域に展開する陸軍航空機を合計すると合計712機となるがこれは実際の数よりやや多い。
例えば南方作戦に1式戦装備の部隊は第59と第64の2個戦隊が投入されたので72機としているが実際には未充足であり1式戦は約40機しか用意できなかったらしい。
よって南方作戦に投入された日本陸軍機は600〜700機である事をまず含み置き頂きたい。
(310頁の充足状況表では1941年12月末の南方軍所属航空機数を定数991機:実数743機:充足率75%としている)
それでは本題にはいろう。
前掲の戦史叢書308頁にある損耗状況一覧表によれば1941年12月から1942年3月までの航空機損耗合計はなんと588機となっている。
295頁の591機と照らし合わせると損耗率は99.4%だ。
(太平洋戦記2の712機と比較しても82.5%に達する)
それでは第1段階作戦終了時、南方に存在する日本陸軍機は3機だけだったのか?
そうではない。
損耗に対して内地から新造機などが補充されている。
309頁に航空機補充の実績が載っているので見比べてみよう。

           損耗       補充
97式司偵      18       24
100式司偵     16       23
99式襲撃機     68       75
97式戦      134       83
1式戦        83       96
97式軽爆      33       34
99式双軽      92       80
97式重爆      92       87
2式戦         5        6
その他        47       41
合計        588      549   −39

つまり最初にあった機数から39機減っただけで戦力的にはさして低下していない。
少々減り方が目立つのは99式双軽で「有力な機種だが防御力が弱いので大いに使われ大いに損耗した」のがうかがえる。
また97式戦も大きく減ったが反面、1式戦が大きく増えた。
これは未充足の1式戦2個戦隊に配備されていた97式戦が1式戦に更新された為と考えられる。
すなわち開戦時に1式戦約40+97戦であった第59及び64戦隊は第1段階作戦終了時に1式戦53機を保有していたのであろう。
ただし開戦時、南方軍に所属していた航空部隊の全てが第1段階作戦終了時まで作戦に従事していた訳ではないし逆に途中から編入された航空部隊もあるので上記の表は必ずしも絶対的な保有機数とは言い難い。
だが第一段階作戦に於ける陸軍航空部隊の全体像を把握するには好適な資料と言える。
ちなみに1941年末の充足率75%に対して1942年3月末の充足率は73%(310頁の表より)なのでおおむね「開戦時とほぼ同等」と考えられよう。
しかしそれにしても「順風満帆の勝ち戦」とうたわれた第1段階作戦にしては随分多くの損害がでた物である。
勝ち戦でこれだけの損害が出るのだから消耗戦や負け戦となったら...
果たしてどの様な理由でこれだけの大損耗が発生したのであろうか?

2.機体の損耗について
前述したように南方作戦に投入された日本陸軍航空機は僅か3ヶ月余りの第1段階作戦で当初保有機約700機中、600機近くを損耗し約600機の補充を受けた。
すなわち最初の航空機は殆ど丸ごとなくなり補充により編成が1回転したのである。
それでは如何なる理由によって損耗していったのであろうか?
航空機も工業製品なので当然の事ながら年数を経れば自然に損耗する。
また戦闘が主任務である以上、交戦によって撃墜される機体もあろう。
さてそれでは再び戦史叢書の87巻を紐解こう。
307頁に第1段階作戦に於けるマレー方面での原因別損傷率が挙げられているがこれによると自爆9%、受弾26%、行方不明12%、飛行場不良8%、天候4%、操縦20%、器材及び整備5%、その他16%となっている。
これらのうち受弾は連合軍の空襲などにより地上で破壊された航空機、空戦や対空砲火により損傷を受け墜落こそしなかったものの再使用不能となった航空機(真珠湾奇襲の場合、撃墜された日本海軍機は29機に過ぎなかったが残存機中111機以上が被弾し19機が修理不能、86機が要修理、約6機が修理不要であった。)などであろう。
受弾は確実に戦闘損耗の範疇にはいる。
行方不明には空戦や対空砲火による墜落と「それ以外の原因による墜落」の双方が含まれるので一概に全て戦闘損耗であるとは言い切れないが大部分は戦闘損耗と考えられる。
自爆は明らかに戦闘損耗だと言えよう。
こうしてみると連合軍との交戦で損耗した機体はこれらの合計で47%となる。
(588機の損耗に対する47%は276機。)
これに対し飛行場不良は離着陸時の事故、操縦は操縦ミス、天候は悪天候遭遇などと考えられこれらの合計32%が事故による損耗、器材及び整備に「その他」を加えた21%が自然損耗と思われる。
僕が本論で述べたいのは「戦闘以外での損耗がかなり多い」と言う事である。
なにしろ開戦直前の兵力展開時だけで43機が損耗しているのだ。
戦う前から「完全充足の戦闘機1個戦隊分以上」が丸々消えて無くなるのだから凄い。
零戦は1万機以上が生産されその大部分が損耗したが「戦闘以外での損耗」がかなりの部分を占めていた。

3.搭乗員の損耗について
大空のサムライとして名高い坂井三郎氏の著書の中に「零戦の最後」と言う戦記があるがその巻末に台南航空隊の搭乗員戦死者が記載されている。
台南空と言えば名にしおう海軍のエース部隊だ。
これで見ると第1段階作戦に於ける戦死者は16名、続く4〜6月は17名となる。
凄いのは米軍のガダルカナル反攻が始まった8月で一挙に13名が戦死している。
さて、それでは台南空の兵力はいかほどであったろうか?
手許にある資料にざっと目を通すと結構な開きがある。
これは兵力の算出が実数と定数で差があり定数にしても補用機を含むか否かで差が生ずるからであろう。
中でも一番多いのは堀越二郎、奥宮正武共著「零戦」にある零戦92機+98式陸偵12機で森史朗著「海軍戦闘機隊1」の戦闘機72機(うち補用機18機)、陸偵12機(うち補用機3機)、奥宮正武著「海軍航空隊全史」の戦闘機60機、陸偵8機などがこれに続く。
なお航空情報別冊「日本海軍戦闘機隊」だと台南空の開戦時兵力を定数で戦闘機72機(うち補用機18機)及び陸偵6機、実数を零戦45機、96式艦戦12機、陸偵6機としておりこれとは別に零戦14機と96式艦戦若干が山田部隊に派遣中とある。
どの数値を信じるかはプレイヤー次第だが開戦当日に出撃した機数は45機であり搭乗員歴1年以上の搭乗員35名と1年未満の搭乗員10名の計45名が参加した。
つまり台南空の搭乗員数はこの45名プラスアルファでありあまり多くはない。
よって前述した搭乗員の損耗は「緒戦に於ける勝利も決して楽な勝利ではなかった事」を如実に物語っている。
具体的な数値を示すと開戦時のフィリピン攻撃に参加した台南空搭乗員45名中、開戦から7ヶ月以内の「勝ち戦の最中」に4割の18名(前述した1942年6月までの戦死者33名中15名は開戦時のフィリピン攻撃に参加していない。ちなみに18名中、搭乗員歴1年未満は4名、1年以上は14名。)が戦死した。
もうひとつ例を挙げよう。
鉄脚の撃墜王として名高い檜與平氏の著書に「つばさの血戦」があるがこの巻末に第64戦隊の搭乗員戦死者が記載されている。
加藤隼戦闘隊の異名をとる第64戦隊と言えば名にしおう陸軍のエース部隊だ。
これで見ると第1段階作戦に於ける戦死者は29名となる。
なお第64戦隊は3個中隊(各中隊は戦闘機12機を保有)からなる部隊であったが開戦時の1式戦保有数は合計20機弱に過ぎなかったらしい。
さて海軍の台南空と違う所はガダルカナル戦が無いため8月になっても別段、損害が増えなかった事と全般的に雨期は損害が少ない事にある。
(雨期を利用し後方での訓練及び内地で装備改編がなされた)
よって乾期は4月だけで7名も戦死したのに対し雨期は1942年5月から1942年末までの8ヶ月間に損耗した搭乗員は14名に過ぎない。
これが再び乾期に入り作戦が活発化すると2〜3月だけで12名もの大損耗となる。
季節によって損耗率が変化するのはビルマ航空戦の大きな特色と言えるであろう。


前のページに戻る