くろべ見学記


その1
「くろべ」と言うフネがある。
訓練支援艦である。
「何をするフネか?」と問えば「無線操縦の標的機を発着、管制し射撃訓練をする艦の支援をするが任務なり」と返ってくる。
つまり標的機の母艦であるわけだ。
ちなみに標的機には大型のファイアビーや小型のチャカなどが存在する。
訓練支援艦の主装備は当然、これらの標的機だ。
前に建造された訓練支援艦の「あづま」は標的機を1機しか管制できなかった。
だがこの「くろべ」は同時に複数機を管制できるようになった。
複数機とは何機か?
3機とする資料があれば4機とする資料もある。
乗員に聞いてみた。
「4機でも同時管制できますが長時間はできません。」との事。
こうした場合は「何分ぐらいできるの?」なんて聞かないのがいい。
「くろべ」より後に建造された「てんりゅう」も4機同時管制となっているがどこが違うのか聞いてみると・・・
「あっちの方が長く4機同時管制できます。」との事。
どんくらい長くなったのか知りたいがここも聞かないでパス。
ちなみにお値段だが1機で家が2軒買えるくらいだとの事。
「家って幾らぐらいなの?」と聞いたら・・・
「家の値段はよく知りません。」と彼は答えた。
ギャフン!


その2 
訓練支援艦を保有している国家は日本だけである。
じゃあ、他の国ではどうしているのかって?
射撃訓練はしてないのかって?
そんな事はない。
射撃訓練はしている。
他国海軍でファイアビーやチャカなどの標的機を使用する場合、航空機もしくは地上から発射し陸上の管制塔でコントロールする。
日本でもP2J対潜哨戒機を改造したUP2Jが翼下に2基搭載して運用する事もある。
さて、訓練支援艦は日本独自のフネなのであるから当然、独特な装備が多い。
そのひとつが減揺装置だ。
これによりフネは揺れずに済む。
日本でも訓練支援艦だけに備えられた装置だ。
だがなぜ、揺れてはならないのだろう?
そう言えば他国での運用は陸上の管制塔が前提となっていた・・・。
陸上であれば滅多な事では揺れない。
地震の時は別だけど、わざわざ地震の時に射撃訓練する物好きはいないだろう。
きっと標的機を管制するのには揺れてちゃいけないんだろうな。
でもなぜフィンスタビライザーで揺れを抑えないんだろう?
ヘリコプター搭載艦なんかはみんなフィンスタなのに・・・
おおっ、「続・艦船メカニズム図鑑」にフィンスタは航走中じゃないと効力を発揮できないけど減揺装置は停泊時でも有効とあるぞ!
きっとこれだな、訓練支援艦は洋上で停泊しながら標的機を管制するんだ。
だから減揺装置と言う特殊な機構でなきゃダメなんだ。
そう思って乗員に聞いてみると・・・
「えっ、航走中でも標的機を管制しますよ。」と彼は答えた。
ギャフン!


その3
1983年1月22日、艦艇史のエポックメーキングとなる画期的防空艦が米国で就役した。
初の実用イージス艦タイコンデロガである。
この艦の特徴は当然、イージスシステムだがその根幹はこれまでの旋回式レーダーから進んだSPY1フェーズドアレイレーダーを4基、静止式として装備した事にあった。
この技術を導入して建造されたのが1993年に竣工した日本初のイージス艦「こんごう」である。
しかし、驚くなかれ!
遡る事、4年前の1989年、既に日本はフェイズドアレイレーダー4基を静止式に装備した艦を独自の技術で竣工させていたのだ。
勿論、それは我らが「くろべ」に他ならない。
それまでの「あづま」が標的機を1機しか運用できなかったのに比べ「くろべ」では3〜4機を同時管制する必要があった。
それは即ち、複数の敵機、敵ミサイルを同時に捕捉、追尾し多数の対空ミサイルを発射し同時に迎撃するイージス艦と「似たような事」を意味する。
「敵の役割」を務めるのが訓練支援艦の任務(おまけに迎撃に発射された対空ミサイルの弾道まで追尾し命中判定や評価までやったりする)なのだからね。
この為、艦橋上部の前後左右に4基の静止型レーダーが装備された。
「くろべ」のパンフだとこのレーダーには「標的機管制レーダー」って書いてあるよ。
まあ、このレーダーとSPY1との間には何の関係もないんだけどさ、気になるのはFCS3である。
FCS3も静止型レーダー4基を装備しているが何を隠そうこれは「日本初の独自な対空システム」なのだ。
いつから始まったのかちょっと書き出して見よう。

1983年に技研で研究開始。
1986年に研究試作開始、陸上試験。
1990年から艦載用の試作開始。
1995年に実験艦の「あすか」が就役し搭載。
2000年に試験終了し制式化。
2009年に初の実用艦「ひゅうが」が就役。
ふう、26年に渡る道程だ。

一方、「くろべ」の竣工は前述の通り1989年だが発注は1986年である。
ちょうど時期的にかみ合う。
FCS3は実用化まで26年もかかったが標的機管制レーダーはいつから開発が始まったのだろう?
標的機管制レーダーの開発とFCS3の開発はどの様にリンクしていたんだろうか?
興味は尽きない。
そう思って乗員に聞いてみると・・・
「えっ、標的機管制レーダーとFCS3はメーカーが違うから技術的な関係は無いですよ。」と彼は答えた。
ギャフン!


その4
「くろべ」は色々と特徴の多いフネだ。
例えば全体的にズングリとしており2200tの船体としては全長が100mと短く全幅は16.5mもある。
えっ、それがどれくらいのもんだか判らないって?
よし、他のフネと比べてみよう。
「くろべ」と同じくらいの全幅のフネとしては護衛艦「はたかぜ」(全幅16.4m)があるがなんと排水量は2倍以上の4600tもある。
ちなみに全長は150mだ。
えっ、高速が売り物の護衛艦じゃ比較にならないって?
よし、それじゃ海自初の補給艦(タンカー)の「はまな」と比べてみよう。
「はまな」は2900tで全長128mだが全幅は15.7mしかない。
「くろべ」の方がズングリしてるでしょ。
驚くなかれ、なんと輸送艦(LST)の「みうら」(2000t)と比べても「くろべ」の方がズングリしてるのだ。
「みうら」の全長は98mで「くろべ」より2%短いだけだけど全幅は14mで17%も短いのである。
つまり「くろべ」は「どこまでズングリしてるんだ?」とビックリするほど全長が短く全幅が広い。
次に「くろべ」の特徴として挙げられるのが煙突だ。
「くろべ」は2本煙突艦である。
でも横から眺めてごらん。
1本しかないから。
そう、「くろべ」は横列に2本の煙突を配置しているのである。
車両輸送用のフェリーボートなど船体中央に広いスペースを必要とする船舶では横列2本煙突は珍しくない。
でも海自の大型艦としては稀少だ。
何故、「くろべ」ではそんな珍しい構造となったのか?
まず、2本の煙突が屹立する上部構造物に上り様子をみる。
左右の煙突に触り中間を見渡すが特に何も変わった物はない。
ついで上部構造物(標的機の格納庫)に入り中を眺める。
格納庫の前部は左右が煙路なので幅が狭くなっているが空母やDDHの様に左右どちらかに寄せた1本煙突にしてさして問題は無い様にも思える。
左右のバランスを取る為に横列2本としたのだろうか?
いやいや、「くろべ」は右舷にだけ標的機揚収用の巨大クレーン(これも「くろべ」を際だたせる特殊な装備だ)があり左右のバランスは最初から崩れている。
艦内に入り煙路の通過部を確かめる。
ふ〜ん、煙路は通路と科員食堂の間(舷側に近い方が食堂)を通っているのか。
科員食堂は煙路の分だけへこんで凹型となっているが煙路そのものは50cm位しかないみたいである。
乗員に聞くと「ディーゼルなんで煙路そのものは細いんですよ。」との事。
別にギャフンとする程の事でもない。
なんで横列2本なのか聞くと「格納庫のスペースを確保する為ですよ。」と彼は答えた。
そこで1本にして左右に寄せても良いんじゃないかと聞くと「それもそうですね。」と彼は言うので「ああ、どっちでも良いんだな。」と僕は思った。
どっちでも良いのなら「なぜこっちなんだ?」と考え込んでも無駄である。


その5
知人から面白い話を聞いたよ。
「くろべ」は幅の広いフネだが船幅一杯に機関室が拡がりディーゼルエンジンがズラッと4列に並んでいるそうだ。
1本煙突にするとこれを全て集合連結して排気せねばならない。
そうなると共振する可能性があったんだそうな。
それで2列ずつ集合させて横列2本煙突となったらしい。
まあ、なんにせよ「くろべ」は艦底が曲面だったりバウスラスターを装備していたり他にもイロイロあったりして「書き出したらキリが無いくらい特徴の多いフネ」なのである。
オシマイ


前のページに戻る