阿部隆史執筆記事H
『世界の艦船』2015年12月号 『ビッグ7の戦歴』

ビッグ7の中で最初に竣工したのは1920年から1921年にかけて建造された長門型2隻で最後に竣工したのは1927年に揃って竣工したネルソンNelson型2隻である。
だが最も早く初陣を迎えたのは艦齢の若いネルソン型であった。これは大戦勃発時に日米が未参戦であったからで両国の参戦を境にビッグ7は壮烈な戦火の応酬を繰り広げた。
本稿では大艦巨砲主義の精華と謳われたビッグ7の戦歴を各クラス毎にまとめる。


ネルソン型
1939年9月1日の第二次世界大戦勃発時、ネルソン型2隻はフォーブス元帥が指揮する英本国艦隊(主力艦7、空母2基幹)の第2戦艦戦隊に所属しておりネルソンNelsonは英本国艦隊旗艦でもあった。スカパフローを根拠地とする英本国艦隊の主任務は北海の制海権保持である。当時はまだ独Uボートの数が揃っておらず独の通商破壊艦が大きな脅威であったがこれを防ぐには哨戒と船団護衛が欠かせなかった。大戦中、英主力艦は独海軍、伊海軍、日本海軍の主力艦を敵に回して戦い船団護衛や上陸支援でも活躍したがこの時点の敵では独海軍だけであった。かくして艦隊旗艦のネルソンはロドネーRodney以下の諸艦と共に頻繁に出撃を繰り返した。この間、英本国艦隊は空母カレイジャスCourageous、戦艦ロイヤル・オークRoyal Oakを失い根拠地をスカパフローからクライドに変更せねばならなくなった。
大規模な出撃は9月26日、10月8日と続き10月30日にはU56の発射した魚雷3本がネルソンに命中する。ただし不発で大きな損傷とはならなかった。
11月23日には独巡戦出撃の報に接し英本国艦隊はクライドから出撃するが翌日、ロドネーがノルウェー沖で舵機を破損し12月後半からのドック入りを余儀なくされる。
更に12月4日、今度はネルソンが入港を目前にしてU31が敷設した機雷に触雷する。
湾口の掃海を終え修理の為、ポーツマス工廠に向けネルソンが出港できたのは一ヶ月後であり7ヶ月に渡って戦列を離れる事となった。この間、旗艦は戦艦ウォースパイトWarspiteに移る。
一方、修理を終え戦列に復帰したロドネーは1940年4月9日にノルウェーでドイツ機の爆撃を受けたが命中弾が不発で損傷を免れた。1940年8月、ネルソンは英本国艦隊旗艦に戻りアシカ作戦に備え英国南部に配置される。司令長官もトベイ大将に交代した。9月13日にはロドネーもオークニー諸島から英国南部に移動する。英本土航空戦に勝利しアシカ作戦の脅威から英本土が解放されるとロドネーは再び大西洋での船団護衛に従事する。翌年1月には独巡戦によるベルリン作戦の迎撃に両艦は揃って出撃するが捕捉に失敗、3月16日にもHX114船団護衛中のロドネーが北大西洋でベルリン作戦からの帰途のグナイゼナウGneisenauと遭遇するが、またもや捕捉に失敗した。
4月1日、トベイ大将は英本国艦隊旗艦の将旗を戦新造戦艦キング・ジョージ5世King Georg Vへ移す。
ついで5月24日、カナダへ向かう客船ブリタニックBritannicの護衛を命じられていたロドネー及び4隻の駆逐艦は急遽、ビスマルクBismarck追撃戦への参加を命じられ便乗者500名を乗せたまま戦場に向かう。ブリタニックの護衛には駆逐艦1隻が残され後にラミリーズRamilliesが代行として加わる。そして26日、ロドネーと随伴駆逐艦2隻(1隻は燃料不足で帰投)はキング・ジョージ5世を旗艦とする本国艦隊主力と合流を果たした。ただしロドネーの機関はかなり不調で追随するのに困難を極めた。27日朝、ロドネーはビスマルクと遭遇し午前8時47分、距離22000kmで砲撃戦が開始される。9時頃、ロドネーの主砲弾が最初の命中弾となりビスマルクの前部主砲群が沈黙する。その後、英軍諸艦の砲弾が次々に命中し9時30分にはロドネーの命中弾によって最後の主砲塔も沈黙、最終的には射距離3000mの接近戦となる。猛砲火に包まれビスマルクは火達磨となったがなかなか沈まず最終的にはドーセッシャーDorsetshireの雷撃によって沈められた。
ちなみにロドネーも魚雷8発を発射しているが命中弾(ロドネーの乗員は命中弾1を主張している)はない。ビスマルク追撃戦後、ロドネーは米国のボストンで主機の修理を受ける。その頃、フリータウンに在泊していたネルソンはビスマルクの地中海進出に備えジブラルタルへの進出を命ぜられた。ついでネルソンはジブラルタルを根拠地とするH部隊に編入され7月にはマルタへの増援を目的とするサブスタンス作戦に参加する。
以降、2番目の敵である伊海軍が主な相手となった。
7月29日、サマービル中将はH部隊旗艦の将旗をネルソンに移す。
マルタ増援は人員輸送を目的とした8月のスタイル作戦、戦闘機の増援を目的とした9月のステイタス作戦と続きネルソンはこれらの作戦にも参加する。
9月下旬のハルバード作戦ではロドネーもまたH部隊に編入され両艦揃ってマルタに向かって出撃するがイタリア空軍機による27日の空襲でネルソンに魚雷1本が命中し損傷修理の為、本国に戻った。ロドネーも11月には本国へ帰還し、1ヶ月間アイスランドに派遣されて北極海の警備任務に従事した後、1942年5月まで修理が行われた。
翌年8月、両艦はシフリット中将指揮下のF部隊(旗艦ネルソン)に配属され再びマルタへの増援(ペデスタル作戦)に参加、11月に両艦はH部隊に所属(旗艦ネルソン)してトーチ作戦にも参加する。翌年6月、両艦は本国へ帰還し訓練に従事するが月末には地中海に戻り7月のハスキー作戦、9月のアバランシュ作戦に参加した。なお9月29日のイタリア休戦調印式はネルソン艦上で行われた。かくして地中海の戦いは終局を迎え両艦は10月末、本国へ帰投する。ネルソンは11月からローサイスで修理と改装に従事しロドネーは北海での独戦艦出撃に備える。1944年6月、両艦は再び戦列に復帰しオーバーロード作戦に参加したがネルソンは主砲弾224発を射撃後の6月18日、機雷2発に触雷した。ネルソンは修理の為、米国のフィラデルフィア工廠に向かいロドネーは9月以降、JW60船団によるムルマンスク航路の護衛任務に従事する。ロドネーは9月28日にロシアを離れ10月4日には本国へ帰投したが船体と機関の老朽化が激しく以降の実戦投入は危ぶまれた。更に11月にティルピッツTirpitzが沈み北海に於ける戦艦の存在意義が著しく低下したので予備艦的存在になったロドネーの乗員は逐次、新造艦艇へ転属していった。
一方、1945年4月末に修理を終えたネルソンは地中海を抜けてスエズ運河からインド洋に入り東インド艦隊に配属された。3番目にして最後に残った敵の日本海軍と戦う為である。ただし航海が長期間に及びセイロンに到着した時は既に7月7日となっていた。
7月19日、ネルソンを旗艦とするウォーカー中将指揮下の第63任務部隊はプーケットに対する空襲と強行掃海(リブリー作戦)の為にセイロンを出撃した。
英軍が掃海を実施したのは本格的なシンガポール奪回を企図していたからである。
だがその為にはセレター軍港に在泊する妙高と高雄が大きな脅威となっていた。
よって掃海部隊にネルソンが支援として随伴していたのだが両艦は現れず7月末、豆潜(XE艇)による攻撃が実施され高雄は大破した。当時、英軍がシンガポールの日本重巡を重視していた証左と言えよう。リブリー作戦(機雷掃海数24発、艦載機による攻撃150ソーティ)を終えた第63任務部隊は7月29日にセイロンへ帰投しネルソンは同地で終戦を迎えた。条約明けの新造戦艦就役前に初陣を迎えた英国のビッグ7は英海軍の大黒柱として幾多の戦いに身を投じ世代交代を迎えると静かに表舞台から姿を消したのである。


コロラド型
1941年12月8日の太平洋戦争勃発時、コロラドColorado型3隻の1番艦コロラドColoradoは米本土で改装中であり2番艦メリーランドMarylandと3番艦ウェスト・バージニアWest Virginiaは第4戦艦戦隊(アンダーソン少将、旗艦メリーランド)に所属し真珠湾に在泊していた。繋留位置はメリーランドが戦艦列内側、ウェスト・バージニアは外側である。この配置がコロラド型3隻の命運を分けた。米本土に戻っていたコロラドは空襲の惨禍を免れ戦艦列内側のメリーランドは爆弾2発の命中(戦死4名)で済んだが外側のウェスト・バージニアには雷撃が集中し魚雷7本と爆弾2発を受け沈没(戦死105名)した。激減した戦艦陣を立て直す為、コロラドの工期短縮化が図られたが完了したのは翌年3月31日であった。沈没したウェスト・バージニアはサルベージするだけでも1942年5月17日までかかり同年6月9日から真珠湾のドックで船体修理が開始された。1943年5月7日、どうにか航海可能になったウェスト・バージニアは米本土に帰投して本格修理と改装を始めたのが完成は1944年7月4日まで遅れた。一方、メリーランドの損害は軽微だったので12月21日には応急修理が完了して米本土への帰投が可能となり米本土での本格的修理及び対空火力強化も2月26日には完了した。ミッドウェー海戦時、メリーランドとコロラドはパイ中将(開戦時の太平洋艦隊戦闘部隊司令官)が指揮する第1任務部隊(旧式戦艦群を主力)に所属してハワイ西北海域での哨戒任務に従事、8月上旬には真珠湾へ戻り11月上旬からはフィジー方面で行動した。なお第4戦艦戦隊は9月28日に新司令官としてヒル少将を迎えている。旗艦メリーランドとコロラドによって編成されたヒル少将指揮下の第4戦艦戦隊が大きな功績を示すのはガルバニック作戦の火力支援からである。旧式戦艦の主砲を使用した火力支援はアッツ攻略(ランドクラブ作戦)から実施されていたが第4戦艦戦隊としては今回がデビュー戦となった。1943年10月20日に真珠湾を出港した第4戦艦戦隊は作戦を終えた12月7日に真珠湾へ戻り、ついで米本土でオーバーホールを受ける。
第4戦艦戦隊は1944年1月下旬、再び真珠湾へ進出し同月末に開始されたフリントロック作戦に参加、攻略後の2月下旬には米本土へ帰還した。3度目に第4戦艦戦隊が米本土から出撃したのは5月5日で任務はマリアナ攻略(フォレジャー作戦)である。
ただし1度目と2度目は順調に事が進んだが3度目はそう上手く行かなかった。
6月14日から両艦は支援射撃を開始したがまず6月22日にメリーランドが1式陸攻の雷撃で損傷(戦死2名)し修理の為、真珠湾へ回航された。ついで7月24日、テニアン島砲撃中のコロラドが沿岸砲台から22発の命中弾を受けて損傷(戦死43名)し米本土で修理する為、8月3日から戦列を離れる。一方、修理を終えたメリーランドは戦列に復帰し9月のペリリュー攻略(ステールメイトU作戦)に参加、長らく修理及び近代化改装をしていたウェスト・バージニアも9月14日には米本土を出港し前線へ向かう。
ウェスト・バージニアは9月23日に真珠湾へ到着し10月にマヌス島でメリーランドと合流、第4戦艦戦隊の新たな司令官ラドック少将はウェスト・バージニアへ将旗を移した。
そして10月下旬、第4戦艦戦隊はオルデンドルフ少将指揮下の第77.2任務群に所属しレイテ攻略(キングU作戦)に参加する。なおウェスト・バージニアは10月21日に座礁して4本のスクリューのうち1本を損傷し速力が低下していた。
10月24日夜半、戦艦6、巡洋艦8、駆逐艦26、魚雷艇39によって編成された第77.2任務群はスリガオ海峡で西村中将指揮下の第1遊撃部隊支隊(戦艦2、巡洋艦1、駆逐艦4)を待ち受け史上最後となる戦艦同士の海戦が発生した。この戦いは米魚雷艇の襲撃によって戦端が開かれた。翌25日の午前3時頃からは米駆逐艦も戦闘に参加、最初に戦艦扶桑が多数の魚雷を受けて落伍した。続いて駆逐艦満潮と山雲にも魚雷が命中して沈没、駆逐艦朝雲と旗艦山城にも1本ずつ当たった。ついで3時23分、山城に2本目の魚雷が命中し3時55分からは米戦艦からのレーダー射撃も始まった。もはや戦力比は雷撃で大きく傷ついた山城1隻に対し米戦艦6隻の優勢で勝敗は明らかであった。多数の砲弾が命中した上、更に2本の魚雷が命中し山城は艦尾から沈んでいった。その他の艦も次々と沈んでいきワンサイドゲームで日本側の大敗が決したのである。この戦いでメリーランドが射撃した主砲弾は48発だったがウェスト・バージニアは6戦艦中最も多い93発を発射した。その後ウェスト・バージニアはスクリューを修理する為、エスピリットサントへ回航された。そして11月20日、今度は修理を終えたコロラドが到着した。
更に11月26日にはウェスト・バージニアもレイテ湾に戻りとうとうコロラド型3隻全てが開戦以来初めて戦列に並ぶ。だがそれもあまり長くは続かなかった。
11月27日、2機の特攻機によってコロラドが損傷(戦死19名)し29日にはメリーランドも特攻機によって損傷(戦死31名)した。かくして11月末にはメリーランドが真珠湾に戻って修理に従事しコロラドもマヌス島で修理する為に12月17日以降、戦列を離れた。加えて年末には第4戦艦戦隊司令官もサウエル少将に代わる。
1945年元日にフィリピンへ戻ったコロラドは、リンガエン湾上陸作戦の火力支援に参加するが1月9日、友軍の誤射によって損傷(戦死18名)する。
よって1945年2月の硫黄島攻略(デタッチメント作戦)に参加したのはウェスト・バージニアのみであった。だが3月の沖縄攻略(アイスバーグ作戦)で第4戦艦戦隊はデイヨー少将指揮下の第54任務部隊に所属し3隻揃って火力支援に参加した。
だが作戦開始早々の4月1日、ウェスト・バージニアに特攻機が命中(戦死4名、ただし爆弾は不発)、7日にはメリーランドにも命中して損傷(戦死10名)する。
そして4月7日、戦艦大和を旗艦とする伊藤中将指揮下の第2艦隊出撃に際しては迎撃兵力の主力として3隻共編入されたが惜しくも日本艦隊は進撃途上の空襲で壊滅し交戦の機会を逃す。4月14日、メリーランドは米本土西岸に戻り修理と対空火力増強工事に従事する。この工事によって両用砲は16門に倍増したが完成したのは1945年8月で戦局に全く寄与しなかった。残りの2隻はウルシーでの補給を繰り返しながら火力支援を続け沖縄で終戦を迎えた。これまでの経過で御判り頂けると思うが米海軍にとってビッグ7の戦歴とは即ち第4戦艦戦隊の航跡であった。


長門型
太平洋戦争勃発時、長門は連合艦隊の旗艦であった。また長門型2隻は第1戦隊を編成しており連合艦隊司令長官の山本大将は第1戦隊司令官を兼任していた。
12月8日、連合艦隊主力は柱島を出撃し13日に帰投した。この行動は第1戦隊の初出撃で真珠湾攻撃を終えて帰投する第1航空艦隊を支援するのが目的であったが「存在しない敵に対する迎撃」で燃料を無駄に消費するだけに終わった。真珠湾攻撃は予想以上の戦果をおさめたが撃ち漏らした敵が追撃してこないとも限らない。まして米空母部隊の存在は全く掴めていない。攻撃直前の筑摩機による偵察報告では在泊戦艦10、巡洋艦11であり攻撃直後の戦闘速報では戦艦2撃沈、4大破、巡洋艦4大破となっているので残った戦艦4と巡洋艦7及び空母と多数の随伴巡洋艦が追って来る可能性があった。
よって開戦時の連合艦隊主力出撃を「単なる燃料の無駄」と批判するのは結果論である。
だが真珠湾攻撃はもっと大きな影響を第1戦隊にもたらした。そもそも戦艦を基幹とする連合艦隊の主力部隊は米太平洋艦隊戦艦部隊との決戦を目的とした戦力である。
よって敵の存在が無くなれば当初、予定した任務が雲散霧消する。かくして連合艦隊主力は第一段作戦の期間、為すべき任務を持たぬまま柱島泊地で待機する事になった。
この間、2月12日に山本長官は将旗を新造戦艦大和に移している。また長門は3月15日に呉で小規模な工事の為、入渠し4月9日に出渠した。そして5月29日、大和、長門、陸奥で編成された第1戦隊はMI作戦へ参加する為に柱島を出撃、6月上旬のミッドウェー海戦に参加し6月14日に帰投した。この作戦でもはや戦艦は実質的な主力ではない事が露呈し7月14日の再編で長門型2隻は第1戦隊から除かれ第2戦隊へ編入される。
長門は7月18日に入渠し22日に出渠、陸奥は22日に入渠、29日に出渠し呉で船体の整備をした。同時に第2戦隊からは伊勢型2隻が除かれて連合艦隊直属となり第2戦隊は長門型2隻と扶桑型2隻の4隻編成となった。ただし、この時点ではまだ戦艦を前線で運用する構想は完全には消えていなかった。よってガダルカナルに米軍が上陸した8月上旬、陸奥だけは臨時に前進部隊(第2艦隊)に編入され8月11日に柱島を出港し17日にトラックへ進出した。そして21日、陸奥はトラックを出撃し第二次ソロモン海戦に参加したのだが25ノットでは前進部隊に追随できず第2駆逐隊に護衛されたまま後方に取り残されてしまった。9月2日、陸奥はトラックへ帰還したが作戦に寄与しなかったばかりか貴重な駆逐艦を護衛につけねばならず長門型に対する評価は大きく低下した。
以降、陸奥は前線へ出撃せずにトラックで待機し1943年1月7日、内地へ回航された。
横須賀に到着したのは12日で29日から2月6日にかけて横須賀工廠へ入渠している。
ずっと内地にいた長門も1月25日、主給水タンク修理の為に入渠し2月2日に出渠した。
2月15日、陸奥は横須賀から柱島へ回航され2月23日に到着、4月13日には呉で弾薬を搭載する。そして6月8日12時10分、陸奥は突如として後部弾薬庫の大爆発で沈没し乗員1474名のうち1121名が殉職する。この事件はM事件として堅く箝口令は敷かれた。爆発原因に諸説あるが現在は盗難に端を発する乗員の放火説が有力である。
なおM事件発生時、長門は5月31日から6月6日までの入渠工事を終え柱島への途上にあった。8月7日、長門はトラック泊地へ進出、8月23日に到着し待機に入る。
10月17日には米艦隊の来襲情報に惑わされこれを迎撃するため連合艦隊主力と共にトラックを出撃し19日にブラウン入港、23日にブラウンを出港するが米艦隊とは遭遇せず26日にトラックへ帰還する。この行動は一般に「連合艦隊の大散歩」と揶揄される。
「連合艦隊の大散歩」は空振りに終わったが2月上旬にも米艦隊の来襲情報に接する。
だが今回は「ろ号作戦」で航空戦力が払底しており充分な勝算が得られなかった。
かくして水上艦艇は決戦を避けて退避行動に移り長門は2月1日にトラックを出港、4日にはパラオへ入港する。ところがパラオも安全とは言えなくなり16日にはリンガへ回航(21日到着)される。この間、17日に米機動部隊がトラックを空襲し日本海軍の基地航空隊と輸送船団は壊滅的な損害を蒙った。2月25日、第1艦隊と第2戦隊は解隊し長門は第2艦隊の第1戦隊へ編入される。3月6日には宇垣中将が乗艦し第1戦隊旗艦となるがこの措置は大和、武蔵が次々と米潜に雷撃されて損傷し内地に帰還したからであり5月4日には将旗を大和に移す。長門も3月30日にはリンガを離れ約半月間、シンガポールで修理しリンガに戻っている。5月11日、長門はリンガを出港して14日にタウイタウイへ進出し「あ号作戦」の開始を待つ。この作戦で長門は参加戦艦中で唯1隻だけ乙部隊へ配属された。これは長門だけが25ノットと遅く低速空母の隼鷹、飛鷹、龍鳳を基幹とする乙部隊と速力を合わせた為である。6月13日にタウイタウイを出港した長門はマリアナ沖海戦に参加、22日には沖縄へ帰投する。更に23日には沖縄を出港して24日には柱島へ帰還、7月上旬に内地を出て沖縄、マニラ経由で20日にリンガへ戻る。
次に戦局の焦点が当たったのはフィリピンだがここでも長門の速力が問題となった。
捷号作戦は第1遊撃部隊(第2艦隊)を高速艦基幹の本隊と低速艦基幹の支隊に分割し別行動で米船団に突入させる構想だったが軍令部は長門を支隊へ編入する予定であった。
だが上奏までしたにも関わらず第2艦隊側の反対で長門は本隊に編入される事になった。
結果的にはこれが長門を沈没の運命から救う事になる。10月18日、リンガを出港した長門は20日、ブルネイに入港、22日にはブルネイを出撃してレイテ湾へ向かう。
途次のシブヤン海海戦で爆弾2発を受けて損傷(戦死52名)するもサマール沖海戦では米護衛空母に対し4斉射の主砲射撃をする。だが海戦は日本軍の大敗に終わり退却戦で更に4発の爆弾を受け38名が戦死した。レイテ海戦で長門が発射した主砲弾の総数は181発であった。11月15日、第1戦隊が解散し長門は第3戦隊へ編入される。
11月16日、長門はブルネイを出港し25日に横須賀へ入港する。
以降、長門は横須賀で修理を受けるが燃料不足の為、もはや出撃の機会はなく翌年2月20日には警備艦、4月20日には第4予備艦、6月1日には特殊警備艦となる。
だが長門の格が落ちても米軍には関係ない。7月18日には米機動部隊による空襲で3発の爆弾が命中し損傷(戦死35名)を受ける。こうして横須賀在泊のまま長門は終戦を迎え戦後の1946年7月29日、クロスロード作戦(核実験)で沈んだ。
日本海軍のビッグ7は速力で運用が制約された点に特徴があると言えよう。
とは言え長門型の速力は低くはない。それどころか米英に比べずっと高いのである。
新造戦艦とビッグ7の速力を比較した場合、長門型は2ノット差だったが英は5ノット差、米に至っては7ノットもの差があった。これでは空母や新造戦艦とビッグ7を同一行動させるなど考えも及ばない。それに対し長門型は「無理をすればなんとかなるのではないか?」と思わせる程度であり、これが大きな落とし穴となったのである。


ビッグ7は艦隊決戦に於ける相対的優位を目的に建造された戦艦群であった。
条約制限の特例として許された存在であり特に船体が大きくはない。
英にはビッグ7を凌ぐフッドがあり米にはコロラド型の略同型とも言える同大のカリフォルニアCalifornia型が存在する。よってビッグ7の存在意義は16インチ砲にありアウトレンジこそが使命であった。そして大艦巨砲主義の精華と謳われたビッグ7のうち、その建造目的に相応しい功績を挙げたのはビスマルクを撃沈した英のロドネーである。米戦艦もスリガオ海峡海戦で戦艦相手の水上戦に参加したが圧倒的な兵力差の下での交戦であり戦列に参加した事に大きな意味はなかった。それどころかウェストバージニアは真珠湾奇襲の航空攻撃によって沈められ新たな主役交代の幕開けとなってしまった。長門に至ってはその最後を制したのは核兵器であった。ビッグ7は大艦巨砲主義の頂点として誕生したが戦争形態が大きく変遷し後継者の無条約期戦艦と共にも新時代の主役たる空母や戦略原潜に淘汰されていったのである。


前のページに戻る