阿部隆史執筆記事G
『世界の艦船』2015年3月号 『米海軍は「アイオワ」級の高速力に何を求めたか?』

「何故、アイオワIowa級は45000tなのか?」と問われたならば「それが第二次ロンドン条約のエスカレーター条項(*1)で許された最大限だから」となる。
この条約では主力艦の個艦性能を35000t以下、14インチ砲以下としていたが未締結の日伊が1937年4月30日までに批准しない場合は制限を45000t以下、16インチ砲以下に緩和するエスカレーター条項が付随していた。
「何故、アイオワ級の主砲が16インチなのか?」の答えも同じである。
更に「何故、アイオワ級の全長はあれほど長いのか?」と問われれば「パナマ運河を通るには全幅を33m未満にせねばならず、それで45000tの艦を建造すれば長大にならざるを得ない」となろう。アイオワ級(計画排水量45000t、完成時は48500t、全長270.4m、全幅33m)は基準排水量でビスマルクBismark級(41700t、251m、36m)とソビエツキー・ソユーズSovyetski Soyuz級(59150t、271m、38.9m)の中間に位置する。
しかし全長では1、2を争う程でありながら全幅はもっとも狭い。
この特異な外形は第二次ロンドン条約の制限とパナマ運河によって生み出された。
しかし16インチ砲と言っても45口径のMK6と50口径のMK7では旋回部重量で20%も差(*2)があり何門装備するかはデザイン次第なので45000tで長大な船体の戦艦と言っても幅広い選択肢(*3)があった。
主砲旋回部重量は最も攻撃力の小さいMK6の9門装備(4275t)と大きいMK7の12門装備(6912t)では差が約1.6倍にも及ぶがアイオワ級は中間に位置するMK7の9門装備(5184t)で建造された。
勿論、これは33ノットの速力を発揮する為である。
果たして米海軍は何を目的としアイオワ級を建造したのであろうか?


ライバルは金剛級か?
1935年12月9日に開催され翌年3月25日に調印された第二次ロンドン条約は1月15日の日本脱退、2月27日のイタリア脱退によって大きな成果を見いだせぬまま、その幕を閉じた。最終的に英米仏で交わされた制限は各種艦艇の個艦能力の制限に過ぎず「後に連合国となった海軍を縛る為の枷」としかならなかった。
それにも関わらず締結に至った理由は「状況によっては日本の再加盟があり得る」と英国が判断(*4)した為である。
本来なら日本が脱退した時点でエスカレーター条項を発効すれば早期にアイオワ級を建造できたが発効は1938年6月末まで遅れた。
この間に米国は35000t級の新戦艦を続々と建造しアイオワ級の設計をまとめているので「無駄に歳月が流れた。」とばかりも言い切れないがアイオワ級の竣工が大和型に比べ大きく遅れた一因と考えられよう。
設計費が無駄になる事を覚悟の上で45000t級戦艦と35000t級戦艦の設計を並行して進められるのなら大和型に対して見劣りのする35000t級戦艦に代わり当初から45000t級戦艦を建造できたのであるが覆水盆に返らず。
空費された時間は戻らず米海軍は35000t級で太平洋戦争の開戦を迎えねばならなくなった。

さて、この様にして建造されたアイオワ級だがその建造目的を知るには現代人の視点でアイオワ級を論ずるのでなく当時の視点で米国の置かれた戦略環境を見る必要がある。一部には金剛型に対抗しうる高速を求めアイオワ級が建造されたと論ずる方も居られる様だがこの説には少々賛同できない。
なぜなら現代人は当時、各国が保有していた艦艇の性能を全て知悉しているが当時の各国海軍は限られた情報の中で判断し計画していかねばならないからである。
当時、刊行されていたウェイヤー海軍年鑑の1940年版では金剛型の速力を26ノット(実際は30.5ノット)、長門型を23ノット(実際は25ノット)と記述している。何故であろうか?
長門型については建造当初から日本海軍が23ノットと公表(竣工時の実測26.5ノット)していたのでこれを鵜呑みにしていた為であろう。
金剛型の場合、1914年度版では28ノット、1928年度版では27.5ノット、1940年度版では26ノットと年月が経るに従って微減しており老朽化もしくは改装による重量増加の影響と考えられる。
この各年度のウェイヤー年間では両艦型に限らずイタリア旧式戦艦を除く大部分の戦艦で概ね速力が微減(*5)している。
イタリア旧式戦艦は1928年版の22ノットに比べ1940年版では27ノットに激増しているがこれは船体中央の砲塔を撤去し機関に換装している為である。
金剛型ではこうした手段を取らずに出力を2倍以上に強化したので対外的には30.5ノットに高速化した事が知られなかった。
よって金剛型に対抗する為にアイオワ級が建造されたとするのは考え難い。

なお、米海軍の艦艇識別表でも金剛型は26ノットのままだが長門型は26ノット、大和型は28ノットとなっている。
どうも米海軍には長門の速力がばれていたらしい。
つまり米海軍は日本海軍最速の戦艦を大和型、それに準ずる戦艦を長門型、金剛型と考えていた訳で金剛型ライバル説はすこぶる怪しい。
艦齢的に廃艦間近の老朽艦に対抗する為、米海軍史上最大の戦艦を建造するのは理に合わないし、それならば金剛型の代艦として建造されるであろう新型高速艦を目的にした方が整合性がある。
ではなぜ金剛型ライバル説が生まれたのであろうか?
アイオワ級の建造目的は本誌378号91頁で記述されている様に「空母の直衛」でこの為に空母と同速の33ノットが要求された。
そして金剛型もまた日本海軍では空母の直衛として運用された。
よって空母部隊同士の海戦となればアイオワ級対金剛型の対決となる。
これが金剛型ライバル説の根ではなかろうか。
ちなみに米海軍は金剛型の速力を26ノットと評価していたがウェイヤー1940年度版によると日本空母のも飛龍30ノット、赤城28.5ノット、加賀23ノットとかなり低く見積もっていた。
日本重巡の速力も33ノットと見ており米海軍はおしなべて日本に対し「速力に関しては断然有利」と考えていた様である。


ルーツはレキシントン級か?
さて、両洋艦隊法で予算化された大型艦の中にはアイオワ級以外にも空母直衛が可能な33ノットの速力を発揮しうる艦型があった。アラスカAlaska級である。
その建造目的はシャルンホルストScharnhorst級(実際は34841t、32ノット)やダンケルクDankerque級(*6)などへの対抗措置が主であったが高速なので空母の直衛としても有効であった。現代の視点だとアラスカ級はシャルホルスト級に対し能力的に劣って見えるが当時の米海軍識別表では公表された26000tを信じていたらしく速力は28ノット(ウェイヤー1940年度版では27ノット)と評価していた。よってこれの対抗策としてアラスカ級を建造したのなら33ノットである必然性はなくアラスカ級もまたアイオワ級同様、空母の直衛を目的に速力が決定されたと考えるのが妥当であろう。
ちなみに無条約期に入ってから太平洋戦争の開戦までに予算化された米空母は12隻でアイオワ級6隻とアラスカ級6隻を合わせた数と同数であった。

なお、アイオワ級をレキシントンLexington級の再来とする説もある様だがこれも首肯できかねる。レキシントン級は一般的には巡洋戦艦にカテゴライズされているが極端な高速を発揮する為に防御力が弱く主力部隊決戦での運用が危ぶまれる艦型であった。
3年計画の主力となるサウスダコタSouth Dakota級と同大ながら速力は10ノット速く火力は2/3、防御力は当時、列強が計画していた巡戦中で最弱(舷側装甲がレキシントン級7インチ、天城型10インチ、フッドHood級12インチ)なのでとても主力部隊と協同して戦力化できる性能ではなかった。
つまりレキシントン級は「使途不明な不思議な艦型」と言えよう。
他国の海軍では考えられないこうした性格の艦を米海軍が建造した背景には高速大型艦に対する独自の運用方針があった様に思われる。
そもそも米海軍の高速大型艦建造は1907年12月16日から1909年2月22日にかけて実施された「白色艦隊の世界周航」と同時期に次々と就役していったビッグテンと呼ばれる大型装甲巡洋艦群を嚆矢とする。
ビッグテンはビッグと言うだけあって船体サイズは確かに大きい。
しかしビッグテンのテネシーTennessee級装甲巡洋艦は当時、日本が建造した伊吹型装甲巡洋艦とほぼ同大で速力、航続力も同等ながら排水量に対する兵装及び防御重量が22%(伊吹型は36%)と少なく戦力的価値(*7)がかなり小さかった。
元来、巡戦は装甲巡洋艦の発展解消的な艦種であるが米海軍の場合はビッグテン以降、巡戦の建造に移行せず低速の戦艦を建造し続けた。

ビッグテンの最終艦が竣工したのが1908年7月、レキシントン級の1番艦が起工したのが1920年8月だから米海軍は12年に渡り高速大型艦の建造を中断していた事になる。「レキシントンは何と戦う為に建造されたのか?」と考えると判りにくいが先にビッグテンの存在があり、その代替と考えると謎が解ける。
官公庁や軍事組織では「何の為に必要か?」と考える以外に「今、存在する物品の代替」で考えるケースが有り概してその方が予算を通しやすい。
かくしてレキシントン級は中途半端な性格の艦型になり防御力は巡戦の中でも最弱であったがアイオワ級はそれと異なり高速戦艦として充分な防御力を備えていた。
つまり排水量や全長、速力は似通っていてもデザインコンセプトや運用方針で重なる部分はないのである。
なお米海軍の1918〜1919年計画には排水量54500t、16インチ50口径砲12門、速力30ノットの高速戦艦建造案(*8)が存在したらしい。
これはレキシントン級の拡大改良型ではなく高速戦艦と言えそうな艦型でアイオワ級に最も近いと思えるが具体化される前にネーバルホリデイを迎えてしまった。


アイオワ級はどのように運用されたか
さて、空母の直衛として建造されたアイオワ級は実際にどの様な運用をされたのだろうか?竣工後、慣熟訓練を終えたアイオワ級は逐次、太平洋方面へ回航され実戦投入されたがデビュー戦は1944年1月末のマーシャル空襲であった。
この時はアイオワ級のみで58機動部隊の3群に編入されている。
ついで2月中旬に実施されたトラック空襲でも58機動部隊の3群に所属していたがこの時はノースカロライナ級やサウスダコタ級など他の新造戦艦も編入された。
マリアナ沖海戦でも他の新造戦艦と一緒に58機動部隊の7群に編入されたが移行はアイオワ級だけでレイテ海戦時に第38機動部隊2群、ハルゼー台風の1944年12月には第38機動部隊2群、終戦直前の日本本土空襲時には第38機動部隊4群に編入された。アイオワ級だけであれば空母と完全に足並みを揃えられるが他の新造戦艦が加わると28ノットに下げざるを得なくなる。よって日本戦艦との会敵が予測される時のみ他の新造戦艦と混成にしたと思われる。


前のページに戻る