阿部隆史 執筆C
『世界の艦船』2011年5月号 「日本駆逐艦はいかに戦ったか?」

日本海軍の駆逐艦運用は1898年12月29日の叢雲竣工から始まり1945年8月15日の太平洋戦争終結までの46年8ヶ月に渡った。
その間、日露戦争、第一次世界大戦、日中戦争、太平洋戦争など大規模な戦争が繰り広げられ最終的に40隻が駆逐艦籍にあるまま終戦を迎えた。
これら40隻のうち最古参は1920年3月16日に竣工した澤風(峯風型)、最新鋭は1945年6月18日に竣工した初梅(橘型)であった。

日露戦争「大艦に対する雷撃」
日露戦争の開戦劈頭、日本海軍の駆逐艦部隊は旅順を夜襲し戦艦チェザレウィッチ(Tsessarevitch)とレトウィザン(Retvisan)、防護巡洋艦パルラーダ(Pallada)を撃破した。
使用された兵力は第1、2、3駆逐隊の駆逐艦10隻である。
なお第4、5駆逐隊は大連に向かったが同地にロシア艦は在泊していなかった。
旅順に対する夜襲は2月14日にも繰り返され第4駆逐隊の速鳥、朝霧が戦艦ペトロパブロフスク(Petropavlovsk)を撃破している。
更に2月24日には第3次旅順攻撃が実施されたがこの攻撃は閉塞作戦に呼応する攻撃となり第4駆逐隊第2小隊と第1駆逐隊が支援として参加するにとどまった。
ついで3月10日の第4次旅順攻撃では第1、2駆逐隊がロシア駆逐艦6隻と交戦しロシア駆逐艦ストレーグシチイ(Steregushchi)を撃沈するも日本駆逐艦も大部分が損傷した。双方の駆逐艦による小競り合いはその後も続き4月13日には第2駆逐隊がストラシヌイ(Strashni)を撃沈、同艦の救援に出撃した戦艦ペトロパブロフスクが触雷で沈没する。
この時の機雷44発のうち24発は第4、5駆逐隊により敷設された物であった。
旅順を巡る戦いでは双方とも多数の艦船が触雷したが5月17日には駆逐艦暁、9月3日には速鳥が触雷で沈没している。8月10日の黄海海戦には5個駆逐隊全て投入されたが12日に朝潮と霞がロシア駆逐艦レシテリヌイ(Ryeshitelni)を捕獲した他、見るべき戦果は挙げられなかった。
以降、旅順のロシア艦隊は港内に逼塞し日本駆逐艦は海上封鎖に従事する。なお旅順攻防戦末期には多数の小型艦艇が戦艦セバストポリ(Sevastopol)攻撃に投入されたが駆逐艦は12月12日に第1駆逐隊が参加しただけであった。
次に日本海軍駆逐艦が大量投入された戦いは最終決戦となる日本海海戦であった。
この海戦では初日の昼戦で第4、5駆逐隊が戦艦スウォーロフ(Kniaz suvarov)攻撃に参加した他、夜戦では全駆逐隊が水雷艇部隊と協同し戦艦シソイウェリキー(Sissoi veliki)、ナワーリン(Navarin)、装甲巡洋艦ナヒーモフ(Admiral nakhimov)、モノマーフ(Vladimir monomakh)などを撃沈した。
夜戦で特筆すべきは第4駆逐隊による連繋機雷攻撃の実施である。
そして翌日、日本海全域に渡り残敵掃討戦が繰り広げられ有明がベズープリョーチヌイ(Bezuprechni)追撃戦、叢雲がスウェトラーナ(Svietlana)及びブイスツルイ(Buistri)追撃戦、不知火がグロームキイ(Gromki)追撃戦、漣と陽炎がベドウィ(Byedovi)追撃戦、朧、電、曙、吹雪、朝霧、白雲がドミトリー・ドンスコイ(Dmitri donskoi)追撃戦に参加した。日露戦争中、日本海軍駆逐艦は大艦に対する雷撃で大きな戦果を挙げたが砲撃を中心とした駆逐艦同士の交戦や機雷敷設及び掃海の機会も多く艦隊のワークホースとして大きな働きをなした。
また、日本海軍が日露開戦時までに建造した駆逐艦20隻のうち3隻までもが座礁で喪失(日露戦争後も含む)しているが、これは当時の駆逐艦が浅海での活動を求められていた事の証左と言えよう。
日本海軍は日露開戦前、英国へ雷型6隻、東雲型6隻、暁型2隻、白雲型2隻の16隻を発注し春雨型7隻から国産化に移行した。ついで神風型32隻を建造し最終的に300tクラスの駆逐艦は55隻(鹵獲艦を含まず)に達した。
これらの駆逐艦は大正元年8月28日をもって三等駆逐艦に類別された。その後、旧式化するに従い特務艇、掃海艇、雑役船などへ艦種変更されていった。

第一次世界大戦及び戦間期「対潜戦と海上封鎖」
1914年7月28日、第一次世界大戦が勃発し8月4日には英国が参戦、英国と同盟関係にある日本もまた同月23日、参戦に踏み切った。
この時点で日本海軍が保有する駆逐艦は49隻もの多数にのぼった。
しかし石炭を燃料とする極端に航続距離の短い三等駆逐艦が45隻(うち3隻は実験的な混焼)を占めており一、二等駆逐艦は僅か各2隻に過ぎなかった。
つまり駆逐艦数が不充分である事は当初から明白であった。
よって上記兵力で青島要塞攻略の封鎖作戦を実施するかたわらで急遽、樺型12隻が建造され1915年前半期に逐次、竣工していった。
更に1915年10月27日、英へ発注していた浦風が横須賀に回航され航洋型駆逐艦は15隻となった。ついで日本各地の造船所では仏の発注による樺型の略同型艦12隻と桃型4隻、磯風型4隻の建造が急ピッチで押し進められた。
こうしたさなかの1917年1月11日、対潜艦艇不足に悩む英が駆逐艦の地中海派遣を要請し日本側は2月10日の閣議で了承した。
この時点で日本海軍が保有する航洋型駆逐艦は前述15隻に桃を加えた16隻に過ぎない。日本海軍は既に2月7日の時点で佐藤皐蔵少将を指揮官とする第2特務艦隊(旗艦:防護巡洋艦明石)の編成を下令していたが編入された駆逐艦は8隻(第10及び11駆逐隊で全艦樺型)で保有する航洋駆逐艦の半数に及んだ。
第2特務艦隊は行程約1万浬を経て4月13日にマルタへ到着している。
そして4月21日に爆雷と投下器を装備し5月4日から対潜戦を開始した。
一方、2月1日にドイツが無制限潜水艦戦を宣言した為、英は5月5日、日本へ対し更なる駆逐艦の増派を要請、日本は5月15日の閣議で増派を決定した。
増派されたのは竣工直後の桃型4隻で編成された第15駆逐隊である。
こうして地中海に派遣された日本駆逐艦は767隻の輸送船と21隻の海軍艦艇を護衛し108回対潜戦を繰り広げた。ただし残念ながら撃沈戦果はない。
これは第一次世界大戦で米海軍が駆逐艦64隻、駆潜艇77隻の計141隻を投入し対潜戦500回、撃沈10隻を記録したのに比べると量的に劣るが出動率が英の60%、仏伊の45%に比べ72%と高く貢献度は非常に高かった。
なお1917年6月11日、榊がオーストリー潜U27の雷撃を受け大破(戦死59名、負傷22名)している。
第2特務艦隊の地中海派遣により日本駆逐艦は初めて対潜戦を経験し貴重な戦訓を得たが、その後のネーバルホリデイによって戦訓は次第に風化していった。
それから20年後の年7月7日、蘆溝橋事件によって支那事変が勃発した。
中華民国海軍の主要艦艇は1900〜4300tの小型巡洋艦9隻と390tの旧式小型駆逐艦2隻に過ぎず日本海軍が保有する戦艦9隻、空母4隻、重巡12隻、軽巡21隻、駆逐艦102隻、潜水艦59隻に比べ遙かに劣勢であった。
なお事変勃発当初、日本海軍の駆逐艦は南支に5水戦(第13駆逐隊及び第16駆逐隊の駆逐艦6隻)が展開していたに過ぎなかったが北支に第14駆逐隊の3隻、中支に11戦隊の栗、栂、蓮の3隻、南支に第5駆逐隊の4隻などが増勢された。
これらの日本海軍駆逐艦は居留邦人の引き揚げ及び陸軍部隊の輸送作戦に護衛兵力として参加している。
ただし護衛が必要な程、中華民国海軍の行動が活発だった訳ではない。
既に8月11日の時点で巡洋艦5隻が揃って自沈、年内にはその他4隻も爆撃などによって全艦沈没し中国海軍は既に主だった海上兵力を失っていた。
支那事変で日本海軍駆逐艦が果たした最も大きな役割は海上封鎖である。
8月24日から実施された第1次封鎖(正式には交通遮断と呼称)に参加した駆逐艦は5水戦だけであったが9月3日から始まる第2次封鎖では1水戦、2水戦、4水戦も投入され規模が拡大した。
その後、封鎖は3次、4次と継続し大きな成果をおさめた。
ただし翌年5月10日の廈門上陸、10月12日の広東上陸などで沿岸諸港が次々に陥落すると封鎖はその意義を失い次第に収斂されていった。

太平洋戦争「ネズミ輸送」
太平洋戦争時の日本海軍駆逐艦は他国に比べ強大な魚雷兵装を有していた。
その背景には1922年に調印されたワシントン条約がある。
同条約で主力艦保有量を対米6割に制限された日本海軍は艦隊決戦前夜に巡洋艦及び駆逐艦が敵主力艦を長射程雷撃する漸減作戦を立案した。
すなわちこの時点で日本駆逐艦は重雷装化への道を余儀なくされたと言えよう。
更にロンドン条約で補助艦の保有量が制限されると1艦あたりの魚雷発射可能数を局限まで大きくする方向に進み重雷装化が一層、顕著になった。
無条約時代の到来によって日本海軍駆逐艦は砲熕兵装と魚雷兵装のバランスが良くなり航続力も長くなったが他国に比べ圧倒的に魚雷兵装が強力な事は変わらなかった。
一方、1940年6月の段階でもソナー装備艦は僅か22隻に過ぎず対潜兵装は魚雷兵装や砲熕兵装より副次的に考えられていた。
こうした特徴をもつ日本海軍の駆逐艦は北はアリューシャンから南はソロモン諸島、東はハワイ、西はセイロンに至るまで太平洋及びインド洋を駆け巡り諸海戦に参加したが敵主力艦を雷撃する機会は到来しなかった。真珠湾奇襲によって米太平洋艦隊の主力艦は大打撃を受け海戦の主役が空母へと移り代わっていたからである。
ただしエンドウ沖海戦やバリ島沖海戦、スラバヤ沖海戦、バタビア沖海戦では英米蘭の巡洋艦や駆逐艦と激戦を繰り広げ多大な戦果を挙げている。
またハワイ作戦やインド洋作戦、珊瑚海海戦などの空母戦でも護衛兵力として随伴し対潜警戒や不時着機の乗員救助などに従事した。
空母や輸送船の護衛兵力として使用されるのならば大きな被害を蒙る事はない。
だがガダルカナル攻防戦を境に事態が一変する。
駆逐艦が高速力を活かした輸送任務へ投入され始めたのである。
兵員や兵器、物資を搭載した輸送船を駆逐艦が護衛するのが常道であり駆逐艦に兵員や兵器、物資を搭載するのは奇道と言えよう。
それにも関わらず第二次世界戦では洋の東西を問わず多くの駆逐艦が兵器、物資の搭載を余儀なくされ多くの駆逐艦が輸送任務で戦没していった。
スカジナビア侵攻時(ヴェーゼル演習作戦)、ドイツ海軍は20隻の駆逐艦を保有していたが輸送任務で10隻の駆逐艦が戦没している。
ダンケルクからの撤退(ダイナモ作戦)に際し英海軍が喪失した駆逐艦は6隻だけだったが損傷艦は19隻にも及んだ。
輸送は大戦中に駆逐艦が担った任務中でも特筆すべき任務であった。
ガダルカナルを含むソロモン諸島を巡る戦いは1942年8月7日に始まり1943年11月25日のセント・ジョージ岬沖海戦まで約16ヶ月に渡った。
開戦から8ヶ月間の戦没駆逐艦は僅か9隻に過ぎなかったが、それに続く16ヶ月では45隻もの駆逐艦が戦没している。
ガダルカナルを奪回すべく最初に投入されたのは追風で8月16日に113名の日本海軍陸戦隊を揚陸した。ついで18日には先遣隊となる一木支隊第1梯団916名が駆逐艦嵐、萩風、谷風、浦風、浜風、陽炎によって運ばれた。
この時点で連合艦隊は先遣隊のみ高速の駆逐艦で輸送し主力となる第2梯団と増援の川口支隊は低速の輸送船で輸送する計画であった。
だが8月25日、第2梯団を輸送中の船団が米機の空襲を受け輸送船1隻と駆逐艦睦月が沈没、軽巡神通も損傷し輸送作戦は中止となった。
かくして同日、連合艦隊は輸送船の使用を諦め駆逐艦による夜間輸送(ネズミ輸送)へ全面的に方針変更した。第1次輸送作戦に投入されたのは駆逐艦天霧、朝霧、夕霧、白雲、海風、江風、磯風の7隻、輸送人員は約950名である。
ところが8月28日、これまた米機の空襲を受け朝霧は沈没、白雲大破、夕霧中破の大損害を出し輸送作戦は中止となった。だが8月29日には初雪、吹雪、白雪、海風、江風が出撃し約750名の揚陸に成功する。
更に30日、駆逐艦夕立(約130名)と哨戒艇4隻による揚陸が成功した。
ついで31日には駆逐艦海風、江風、涼風、陽炎、初雪、吹雪、白雪、天霧の8隻が約1200名、9月1日には駆逐艦浦風、谷風、浦波、敷波の4隻が465名、を揚陸し9月7日までの間に人員約5600名、高射砲2門、野砲4門、山砲6門、対戦車砲14門がガダルカナルへ送り込まれた。
ただし糧食は総員の2週間分に過ぎずこれが後に大きな災厄を招いた。
ガダルカナルへの輸送は一木支隊第2梯団と川口支隊の揚陸を終了した9月7日をもって一旦、休止されたが第2師団の増派決定により再開され9月11日には駆逐艦海風、江風、夕立が約630名、15日には駆逐艦叢雲、白雪、海風、江風、浦波、敷波、嵐によって1116名が揚陸された。
その後も頻繁に輸送作戦が繰り返され10月1時点で輸送任務に従事する駆逐艦は秋月、白雪、吹雪、初雪、叢雲、浦波、敷波、村雨、春雨、夕立、五月雨、朝雲、夏雲、峯雲、時雨、夕霧、夕暮、白露、親潮、黒潮、早潮、巻雲、秋雲、野分、舞風、天霧、綾波の27隻を数えた。
これらの駆逐艦に水上機母艦日進などを加えた兵力でガダルカナルへの輸送が繰り返されたが米海軍とて日本海軍の増援作戦を指を加えて座視している訳はなく10月11日には重巡2隻、軽巡2隻、駆逐艦5隻からなる強力な部隊をガダルカナルへ派遣し迎撃を企図した。
幸運な事に輸送部隊は連合軍に捕捉されず揚陸に成功し虎口を脱したが艦砲射撃の為、同時に突入した日本海軍の重巡青葉、衣笠、古鷹、駆逐艦吹雪、初雪が連合軍部隊と交戦(サボ島沖夜戦)し甚大な損害を受けた。
すなわち以降は駆逐艦による夜間輸送も危険となっていったのである。
また大型艦による飛行場への艦砲射撃も戦術として確立したのでそれを阻止する為にも米海軍は頻繁に水上艦艇による迎撃を繰り返し第3次ソロモン海戦やルンガ沖海戦など大規模な海戦が生起するに至った。かくして駆逐艦の損害が激増し日本海軍は12月8日をもって駆逐艦による輸送の中止を陸軍に通告した。
駆逐艦による糧食のドラム缶輸送で露命を繋いでいた現地の陸軍部隊にとって海軍側の決定は簡単に承服できる物ではない。幾多の折衝が繰り返された後、最終的に12月31日の御前会議をもってガダルカナルからの撤退が決定されたのである。
ガダルカナルに部隊を送り込んだのが駆逐艦なら撤収の主役も駆逐艦であった。
2月1日の第1次の撤収作戦(駆逐艦20隻投入)では巻雲が触雷で沈没、巻波が空襲で中破、2月4日の第2次撤収作戦(駆逐艦20隻投入)では舞風が空襲で中破、2月7日の第3次撤収作戦(駆逐艦18隻投入)では磯風が空襲で中破したが撤収作戦は概ね成功裡(10652名撤収)にその幕を閉じた。
駆逐艦による撤収作戦は北方海域でも行われ軽巡阿武隈、多摩、木曽、駆逐艦11隻、タンカー1隻、海防艦1隻により約5200名がキスカから撤収している。
なおガダルカナルの戦いが終わっても日本海軍駆逐艦の輸送任務が終わった訳ではなかった。揚陸地点がニュージョージアやコロンバンガラ、ブーゲンビルに代わっただけでありネズミ輸送は以降も頻繁に繰り返された。
米軍もまた巡洋艦や駆逐艦で迎撃しビラ・スタンモア夜戦、クラ湾夜戦、ベラ湾海戦、コロンバンガラ島沖海戦、第1次及び第2次ベラ・ラベラ海戦、ブーゲンビル島沖夜戦、セントジョージ岬沖海戦などの諸海戦が生起した。
これらで日本駆逐艦は勇躍、奮戦し大戦果を挙げたが損害もまた甚大であった。
開戦から3年目になると戦線が膠着し一旦、輸送任務は減少したが今度は潜水艦による損害が激増した。開戦からの2年間で潜水艦に撃沈された駆逐艦は10隻だけだったが3年目はたった1年間で29隻が潜水艦に撃沈されたのである。
日本海軍の潜水艦は魚雷発射管を艦首に集中装備しているが米国の場合は艦尾にも多数の魚雷発射管を装備している。
この艦尾発射管による反撃は対潜艦艇に対し恐るべき脅威となった。
そして膠着状隊が半年続いた後の1944年6月、突如として米軍がマリアナ諸島に侵攻してマリアナ沖海戦が発生、均衡が崩れた。
空母同士の決戦となったマリアナ沖海戦では日本海軍駆逐艦は1隻も戦没しなかったが熾烈な砲雷撃戦の応酬が繰り広げられた10月下旬のレイテ沖海戦では一挙に11隻が戦没(うち5隻は空襲)した。
更にレイテに対する増援(多号作戦)では日本海軍駆逐艦10隻が戦没している。
多号作戦がソロモン諸島でのネズミ輸送と異なるのは一等輸送艦や二等輸送艦、陸軍SS艇など専用の輸送艦艇が大量に使用された為、駆逐艦に物資、兵員は搭載されず護衛兵力として運用された点にある。
ただし米水上艦艇と交戦して戦没したのは桑と卯月のみで8隻の戦没要因は空襲であった。多号作戦は12月上旬まで9次に渡って繰り返されたが12月中旬予定の10次が中止され終了となった。その後、日本海軍駆逐艦は空襲や敵潜との交戦、触雷などで戦没していき1945年8月15日を迎えるに至った。
長射程魚雷を装備し米主力艦との交戦を主任務として建造された日本海軍駆逐艦のうち米主力艦へ魚雷発射の機会を得たのは第3次ソロモン海戦に参加した諸艦だけであった。なお残念ながら同海戦で米主力艦に対する命中魚雷は1本もなかった。

冒頭で述べた様に終戦時に残存していた最古参の駆逐艦は澤風である。
同艦は対潜学校の実験艦として使用されていたので老朽艦ながら最新鋭の試作兵器を装備し異彩を放っていた。この試作兵器は25o連装機銃の銃架を流用して開発された15p9連装対潜奮進砲(ロケット推進)で重量35.5s(炸薬10.1s)の小型爆雷を射程900〜3000mへ投射できた。
1発あたりの破壊力は連合軍のヘッジホッグ(重量29.5s、炸薬13.6s、射程183〜260m)に近かったが投射数がヘッジホッグの24発に対し9発と少なく逆に射程が極端に長いのが特徴の前投対潜兵器であった。
この兵器がどの程度、有効であったか、残念ながら知る由もない。
澤風は老朽艦であった為、賠償艦とならず小名浜港の防波堤として艦歴を終えた。
現在でも澤風の船体は土中にありタービンだけが記念碑として展示されている。


前のページに戻る