阿部隆史 執筆B
『丸』2006年7月号 「ミゼットサブ’X艇’で見せた英国人魂」

第2次世界大戦に際し列強海軍はこぞって小型潜水艇(ミゼットサブ)を建造した。
これらは3つのタイプに区分される。
まずは魚雷を装備するタイプであり日独海軍で多く運用された。
日本の甲標的や海龍、独のネガーやマルダー、ゼーフントに代表されるこのタイプは魚雷を主兵装としているので港湾襲撃のみならず洋上襲撃が可能であった。
ただし可能とは言っても航洋能力と捜索能力、通信能力の低さから実戦的ではなくあまり有効な洋上襲撃は行われなかった。
日本海軍では甲標的の洋上襲撃用母艦(名目上は水上機母艦)として千歳型、千代田型、日進型などを次々と建造したが実際の甲標的運用戦例はハワイ攻撃、シドニー攻撃、ディエゴスワレス攻撃など港湾襲撃に終始している。
独の小型潜航艇についてもノルマンディー戦などで船団攻撃に投入された物の隻数の割にはさしたる戦果を挙げる事ができなかった。
2番目のタイプは魚雷を装備せず目標の近辺に爆発物を投下もしくは設置して待避する物でイタリア海軍や英海軍で多く運用された。
3番目のタイプは特攻兵器で日本海軍の回天が挙げられる。
さて本稿の主旨は英海軍の小型潜航艇なので2番目のタイプとなるが「密着攻撃型ミゼットサブ」とも称しうるこれら小型潜航艇の歴史は意外と古い。
何故、魚雷装備型ミゼットサブに較べ密着攻撃型ミゼットサブの歴史が古いかと言うと近代的魚雷がホワイトヘッドによって発明(1866年)されるまで潜水艦の攻撃法は密着攻撃しかありえなかったからである。
史上初の成功した密着攻撃は南北戦争中に行われた。
1864年2月17日にチャールストン港沖で南軍の潜水艦ハンレー(全長12m、全高4m、乗員8名、重量約30t)が北軍の木造帆走艦フサトニック(1800t)を撃沈した戦いがこれである。ハンレーの兵装はスパートーピード(棒水雷:炸薬量90ポンド:約40s)と呼ばれる物で目標にぶつかって槍状の先端を突き刺した後に15m後進してから爆発させる仕組みになっていた。
ハンレーの速力は約5ノットと称されているが航続力は明確でない。
それもそのはずでハンレーは人力を動力としていたのだ。
艇長を除く7名の乗員が手回しクランクでスクリューを回転させるのである。
これでは乗員の腕力や栄養状態で速力や航続力は大きく変化するであろう。
ただし第2次世界大戦中に日本海軍が使用した乙型潜水艦の水中最高速力が8ノット、独海軍の使用したUZC型が7.6ノットだった事を考えるとハンレーは「当時としてかなり高速だった」と言える。それではハンレーはその性能と隠密性を武器に縦横無尽の活躍をしたのであろうか?
ハンレーにとって最大の弱点は性能面ではなく安全性にあった。
1863年に建造されたハンレーは同年8月20日、事故によって沈没し引き揚げられたものの10月15日にも事故で沈没し多くの犠牲者を出した。
2月17日の出撃では見事、目標を撃沈したもののこの時も沈没し全乗員が艇と運命を共にしている。小型潜航艇にとって事故こそが最大の敵である事をハンレーは見事に物語っていると言えよう。

さて前述した「魚雷の発明」によって潜水艦の主兵器は魚雷にとって代わられた。
1隻当たりの攻撃力が大きいに越した事は無いのだから1門でも多くの発射管を装備し1発でも多くの魚雷を搭載する為、潜水艦は次第に大型化していく。
それでは密着攻撃は消え去ってしまったのだろうか?
いや、魚雷と言う便利な兵器が搭乗した後でも伝統的な潜水艦の攻撃法である密着攻撃はイタリア海軍によってすたれる事なく研究され続けたのである。
それどころか密着攻撃用に考案されたのは「魚雷を改造した小型潜航艇」であった。
小型潜航艇と言っても潜水服を着用した乗員が跨って搭乗するのだから水中スクーターに限りなく近い。
第1次世界大戦中にイタリア海軍が開発したイグミナータ(乗員2名)がこれで1918年11月1日にはポーラ港に在泊するオーストリー戦艦V・ウニーティス(21730t:30.5p砲12門:速力20ノット)を撃沈している。
ついで第1次世界大戦後の1935年にイタリア海軍はイグミナータを改良したSLC(乗員2名)を開発(設計者はテゼイ少尉及びトスキー少尉)し1940年から41年にかけペルラ型潜水艦(680t:53p魚雷発射管6門)のアンブラ、イリデ、ゴンダル、シーレをSLC母艦(搭載数3〜4隻)に改装した。
マイアレ(豚)とも呼称されるSLCは全長6.7m、全幅5.33mで性能は最大深度30m、速力4.5ノット、酸素保有量6時間であった。
イグミナータと同じく2名の搭乗員は潜水服を着用して目標まで航行する。
使用する爆薬は初期型220s、中期型250s、後期型300sで爆発ケーブルにより目標の直下に設置し最大5時間の時限信管が装着されていた。
1940年6月10日の参戦以来、同年11月のタラント空襲(戦艦3隻大破)や翌年3月のマタパン岬沖海戦(重巡3隻、駆逐艦2隻喪失)で苦杯を嘗め続けたイタリア海軍は1941年12月18日に潜水艦シーレのSLC3隻でアレクサンドリア在泊のクィーンエリザベス型戦艦(32700t:38.1p砲8門:速力24ノット)のクィーンエリザベスとバリアントを大破させ敗勢を立て直す。
とは言えSLC部隊にとってこの作戦は4度目(1度目は1940年8月の第1次アレクサンドリア攻撃:戦果なし、2度目は1940年10月の第1次ジブラルタル攻撃:戦果なし、3度目は1941年9月の第2次ジブラルタル攻撃:商船3隻撃沈)であり初の大戦果であった。
そしてこの成功が敗者の英海軍を強く刺激しX艇が誕生する契機となったのである。

もっとも英海軍とて「1941年12月18日の敗北」から急に小型潜航艇を開発しだした訳ではない。第1次世界大戦前の1909年、G.ハーバート退役中佐はデバステーターと呼ばれる小型潜航艇の建造を立案しているし1915年にはロバート・デービスがウェット&ドライ室付の3人乗り小型潜航艇を立案している。
ついで第1次大戦末期にはホートン大佐がデバステーター案を改良したがこれらのプランはいずれも英海軍に採用されなかった。
しかしホートン大佐は諦めず1924年に3種類の小型潜航艇を起案、1930年にはバーリー退役中佐(第1次大戦時の英潜L1号艦長)も2人乗り小型潜航艇を起案し第2次世界大戦勃発直後の1940年に改良案を上申したのである。
このプランがX艇の原型となり前述のG・ハーバート、R・デービス、ホートンの各氏が賛同、特殊兵器開発のジェフェリーズ陸軍大佐も加わり一挙に本格化する。
ただしいくら本格的な建造案であっても当局の支持がなければ予算が成立しない。
こうした状況下で「1941年12月18日の敗北」が発生し英海軍の小型潜航艇建造計画は海軍当局の支持を受け具現化するに至った。
なお英海軍に於ける小型潜航艇の建造案は前述のX艇だけではない。
イタリア海軍のSLCを回収した英海軍はこれを模倣し1人乗りのウェルマンと2人乗りのチャリオットを開発している。
当然の事ながらこれらは水中スクーター的小型潜航艇(魚雷を改造して開発しているのでこれらを人間魚雷と称する文献が多いが特攻兵器と混同され易いので本稿では水中スクーター的小型潜航艇と類別する)であり潜水艦型小型潜航艇のX艇とは「目標まで水中航行で接近し爆発物を設置すると言う点」では変わらないものの潜水服を着た生身の人間によって操作されるので能力的には大きく異なる。
X艇とチャリオットの差はスクーターと自動車の違いに似ていると言えよう。
600ポンド(約270s)の磁気吸着時限機雷を装備するチャリオットはイタリア海軍の模倣である事と構造が簡単な事からX艇に先駆けいち早く実用化された。
ちなみにX艇にも潜水服を装着した乗員が1名だけ「艇内に搭乗」する。
防雷網の切断等を任務とするこの乗員が艇外へ交通する為に設置されたのが前述のウェット&ドライ室でありX艇の大きな特徴となっている。
こうして最初に建造されたX艇は試作のX3型(X3、X4)であった。
何故、X1でなくX3が最初であったかと言うとX1は1925年に竣工した巡洋潜水艦(2425t:13.2p砲4門、53.3p魚雷発射管6門)、X2は鹵獲された元イタリア潜水艦ガリレオ・ガリレイ(970t:10p砲2門、53.3p魚雷発射管8門)で既に使用された艦名だったからである。
X3(27t、全長15.2m、全幅1.7m、水上42馬力6.5ノット/水中25馬力4.5ノット)は1942年3月15日に進水している。
だが進水はしたものの不具合な点が多くすぐに戦力とはならなかった。
X3は5月から様々な試験を繰り返したが英海軍に兵器として納入されたのは翌年1月になってからであり実戦で使用する量産型のX5型が同時に建造された。
一方、兵器の完成を待たず4月には部隊編成と訓練が先行して開始された。
指揮官は1942年2月23日に英潜トライデント艦長として独重巡プリンツ・オイゲンを撃破した功績を持つスレーデン少佐である。
X艇は言うに及ばずチャリオットも未完成だったので訓練には「キャシディー」と呼ばれる木製の訓練艇(チャリオットの原型)が使用された。

さて英海軍の小型潜航艇が立ち向かう相手は日独伊の枢軸国海軍となる訳だが当面、最も大きな脅威はドイツ海軍であった。
当時、ノルウェー水域のフィヨルドに潜むドイツ艦隊は戦艦ティルピッツ(41700t、38.1p砲8門、30ノット)とシャルンホルスト(34841t、28p砲9門、32ノット)を主力としており対ソ船団航路に睨みを利かせていた。
実際に主力艦同士が砲火を交えれば独艦隊を壊滅させる事も可能なのだがフィヨルドからでてこない以上、「別の手段」を用いて独戦艦の撃沈を図らねばならない。
まず最初に行われたのが英空軍重爆による夜間空襲で1942年1月28日(16機)、3月30日(33機)、4月27日(43機)、28日(34機)の4回に渡って出撃が繰り返されたが1発の命中弾も得る事ができなかった。
そこで次にJ・S・ウィルソン陸軍大佐によりチャリオットを使用したティルピッツ攻撃が企図された。6月26日に立案されたこの計画が「タイトル作戦」であり海軍部隊の作戦と言うよりは陸軍のコマンド作戦に似た計画となった。
チャリオットの航続力は2.9ノットで6時間と短い。よってこの様な兵器は作戦海面までなんらかの運搬手段を必要とする。イタリア海軍の場合は潜水艦を改装しSLC母艦としたが英軍ではノルウェーの地下組織と協力しトロール漁船を改装した母艦を使用したのである。作戦は10月25日に発動されチャリオット2隻を搭載したトロール漁船アーサー号はフェテンフィヨルドに在泊するティルピッツに向かって勇躍、進撃を開始した。しかし10月31日、荒天によるエンジントラブルが発生しアーサー号は目標75浬の地点で自沈するに至ったのである。
もし作戦が行われていたにしても水中スクーターで11月のノルウェー水域を水中航行するのは多大な困難が発生したろうし炸薬量からしてもティルピッツに大損害を与えられたかは甚だ怪しい。以降、チャリオットがノルウェー水域で使用される事は無かったが温暖な地中海方面では1944年1月のパレルモ攻撃(建造中のイタリア軽巡U・トライアーノ撃沈)や同年6月のスペチア攻撃(ドイツに接収されたイタリア重巡ゴリティア及びボルザーノ撃沈)などで活躍している。

タイトル作戦の失敗により今度はX艇を使用する「ソース作戦」が企図された。
使用されるX艇はX5型の初期建造艦6隻(X5〜10)である。
X5型では水中速力が5.5ノットに向上し各艇には炸薬1.6tを充填した時限機雷2発が搭載されている。乗員は潜水員を含む4名で最大潜航深度は約90mであった。なおX艇はチャリオットに較べれば航洋性が高かったがそれでも作戦海面まで自力航行できないのでS型もしくはT型の親潜水艦で曳航される事となり乗員の疲労を軽減する為、曳航用乗員3名が戦闘用乗員とは別に作戦参加した。
曳航中、親潜水艦に乗っている戦闘用乗員は作戦海面に到達したら曳航用乗員と交替するのである。なおこの作戦で重要なのはドイツ艦隊の位置を掴む事であった。
そこでソース作戦ではドイツ艦隊の位置に合わせ3つのプランが検討された。
北緯70度のアルタフィヨルドを攻撃するファンネル作戦、ナルビク方面のエンパイア作戦、トロンヘイム方面のフォース作戦である。最終的にノルウェー地下組織の連絡員によりティルピッツの所在がアルタフィヨルド奥のコーフィヨルドと判明し9月3日には偵察用スピットファイアがソ連領のバエンガ基地に進出する。
かくして9月11日にX艇を曳航する5隻の潜水艦が出撃(12日にも1隻出撃)し14日にはスピットファイアの偵察で独艦隊の全容が判明、計画4号が発令された。これによりX5、6、7の攻撃目標はティルピッツ、X8はポケット戦艦リュッツォー、X9、10はシャルンホルストと決まった。だが作戦海面への到達を前にして各艇の曳航策が荒天により次々と切断、X9は消息不明、X8は自沈のやむなきに至った。曳航による作戦海面進出自体が当初から大きな問題を抱えていたのである。そして20日、戦闘用乗員と交替したX艇4隻はフィヨルド奥地の独戦艦を目指して進撃を開始した。それでは各艇の行動を個別に説明しよう。
まずX6だが同艇は22日の0445、独哨戒艇を追尾して防雷網を突破する。
その後、0720に目標20m付近で浮上して艦首部に機雷2発を投下、乗員4名は投降する。X7は22日の0340、開放中の防雷網から侵入し0710にはティルピッツまで20mの地点で浮上、艦首部に機雷1発を投下する。
ついで潜航して船底を通過、艦尾部に機雷1発を投下して脱出を図るも深度18mで防雷網に絡まる。その後、浮上して自沈し乗員のうち2名が戦死、2名は捕虜となる。X10は21日の時点で既に潜望鏡が故障しており着底して修理する。
だが充分に修理できぬままコンパスも故障、モーターからも発火したので同艇は攻撃を断念し帰投行動に移る。X10は28日に親潜水艦と合流し翌日、戦闘用乗員と曳航用乗員が交替する。戦闘用乗員の在艇期間は10日間にも及んだ。
その後、本国への曳航中、X10は事故によって自沈してしまう。
X5は生還乗員がいないので正確な状況は不明だがティルピッツより800mの地点で発見され105o砲と37o砲の集中射撃により沈没する。ここでX艇による攻撃をティルピッツ側の視点で振り返って見よう。まず最初にX6が浮上した時点で独側は初めて攻撃に気づき乗員を捕獲する為にランチを差し向ける。
更に潜水員1名によって艦底に仕掛けられたと思われる爆薬の探索を開始する。
ここでティルピッツ艦長マイヤー大佐は敵の攻撃を時限機雷と判断し艦の移動を発令する。ところが次にX7が防雷網付近で発見される。
防雷網外にまだ敵潜がいるのならみだりに移動させる事は大きな危険(この時点ではまだX艇が魚雷を装備せず攻撃兵装が時限機雷だけである事をドイツ側は知らない)を伴う。かくしてティルピッツの移動は中止されてしまう。
そして捕虜の尋問中に時限機雷が炸裂しティルピッツは轟然たる爆発に包まれる。
X5がティルピッツに撃沈されたのはその後の事である。
ティルピッツの損害はかなり大きく主機と第2発電器室が使用不能となり1944年4月まで航行不能となった他、主砲2基が旋回不能となった。
この時点でティルピッツの存在意義は喪失したと言っても過言ではない。
しかしドイツは英海軍の注意を引きつける為に事実をひた隠しにした。
この策は成功し英海軍は次に空母艦載機によるティルピッツ攻撃を企図する。
これが4月3日に発動された「タングステン作戦」で英海軍は空母フューリアス、ビクトリアス、及び護衛空母4隻から123機を発進させ1600ポンド(728s)爆弾4発、500ポンド(227s)爆弾10発を命中させる。
かくしてティルピッツは大きな損傷を蒙った。
更に4月24日、5月15日、28日にも空母による空襲が企図されたが悪天候により中止、7月17日と8月22日の空襲でも命中弾を得られなかった。
ついで8月24日には1600ポンド、500ポンド爆弾各1発を命中させる。
攻撃は8月29日にも続けられたが命中弾は得られていない。
そしてこれが英空母による最後のティルピッツ攻撃となり攻撃の主役はトールボーイ(6t爆弾)を装備するランカスター重爆にバトンタッチされた。
ランカスター重爆による空襲は9月15日(28機)、10月29日(38機)、11月12日(32機)の3回に渡りティルピッツは遂に撃沈されるに至った。

X艇の攻撃はソース作戦のみにとどまらない。X24は2回に渡りベルゲン港の乾ドックを攻撃しこれを破壊しているし1945年7月には空調装置を改善した極東型(XE型)6隻を搭載した工作艦ボナベンチャー(鉄道輸送船を改装)がアジア方面へ派遣された。アジア方面に於けるX艇の活動としてはサイゴン沖や香港沖の海底電線切断作戦の他、1945年7月のシンガポール攻撃が知られている。
この作戦で使用されたXE1とXE3はS型潜水艦に曳航され7月26日にブルネイ湾を出撃、31日の夜半、港内へ潜入した。同港には日本海軍の重巡高雄と妙高が在泊していたがXE1は妙高、XE3は高雄を目標としていた。
しかし妙高まで到達できなかった為、両艇とも高雄の周辺に機雷を投下した。
この攻撃により高雄の船体には8mの亀裂が生じ大きな損害を蒙ったのである。
ただし作動した時限機雷は僅か1発だけであった。
もし全弾が作動していれば恐らく沈没していたと思われる。
こうして米潜ハンレーのチャールストン攻撃から始まる密着攻撃型ミゼットサブの作戦史はシンガポール攻撃でその終焉を迎えたのである。
しかし英海軍は密着攻撃型ミゼットサブの有効性に見切りをつけた訳ではない。
大戦後もソ連海軍の港湾攻撃を任務とするスティックルバック型4隻(X51〜54)を建造(1954〜55年進水)したのである。そしてこの4隻にはなんと核機雷(当初は「青きドナウ」後により強力な「カッジェル」へ変更)の装備が予定されていた。ただし核機雷が開発中止となった事でスティックルバック型の存在意義そのものが失われてしまう。
X艇は試作型2隻(X3〜4)、量産型12隻(X5〜10、20〜25)、訓練型6隻(XT1〜6)、極東型11隻(XE1〜9、11〜12)、戦後型4隻(X51〜54)の計35隻が建造されたが現在、その勇姿を残しているのはポーツマスで展示されているX24のみである。


前のページに戻る