阿部隆史 執筆A
『丸』2008年5月号 「独戦車生産力バランスシート」

ティーガーは言わずと知れたドイツ軍の重戦車である。
知名度ではかるなら第2次世界大戦中の戦車で1,2位を争うであろう。
しかしティーガーの生産数は1型と2型を合わせても2000両に満たない。
第2次世界大戦に際し生産されたドイツ軍AFV中1位のV号突撃砲(9046両)、2位のW号戦車(8529両)、3位のパンター(5995両)、4位のV号戦車(5693両)に遠く及ばず、たった1年しか生産されなかったヘッツァー(2584両)よりも少ないのである。
1942年6月に量産が開始されたティーガーは敗戦までの2年11ヶ月で1型が1348両、2型が489両の合計1837両が生産されたが月当たり52両に過ぎない。一方、ヘッツァーの場合、月当たり215両にも上る。
重量16tのヘッツァーと57tのティーガー1型を比較するのは適切でないとの意見があるかも知れない。では45tのパンターと較べてはどうか?
パンターの生産期間は29ヶ月間で月あたり206両に達する。
やはりティーガーは知名度の割りに生産数が非常に少ないのである。
それは何故であろうか?
その答えはティーガーが重戦車であるからに他ならない。

それではまずここで「戦車の役割」について考えてみよう。
第一次世界大戦で戦車が開発された要因は鉄条網の突破と機関銃座の覆滅だったが、これは歩兵に対する直協任務である。
更に第一次世界大戦後、戦車の速力が向上し騎兵が機械化された事により機動任務が加わった。
各国はこの二つの任務に対しどの様な戦車を開発したのであろうか?
直協任務では防御力、機動任務では速力が重視されるが英軍では直協任務にたずさわる機甲旅団用としてマチルダ、バレンタイン、チャーチルなどの歩兵戦車、機動任務にたずさわる機甲師団用としてクルセーダー、クロムウェル、コメットなどの巡航戦車を開発した。
仏軍では直協任務にルノーR35などの歩兵戦車、機動任務にホチキスH35やソミュアS35などの騎兵戦車を開発している。
ソ連軍でも大戦勃発時には直協任務にT26軽戦車、機動任務にBT軽戦車を充当していた。
機動任務と直協任務で別の戦車を開発する事は普通だったのである。
第二次世界大戦中、英軍はこの方式を最後まで踏襲(例外として巡航戦車が不足した際に歩兵戦車のバレンタインを機動任務に充当したケースなどがあるが)した。
ちなみに任務によって別の戦車を開発したのは両任務に堪えうる万能戦車を開発するのが困難であったのが大きな理由だが歩兵職種と騎兵職種の組織的利権争いが各国で発生した事も理由のひとつとして挙げられる。
なお任務別に戦車を開発しなかった例に米軍がある。
米軍では機動任務に当たる機甲師団、直協任務に当たる独立戦車大隊の双方で同じタイプの戦車を使用した。
つまり米軍では全戦車が機動任務をこなしうる速力が発揮できたのである。
T34の登場後はソ連軍でもこの傾向が強まり低速ゆえ機動任務に充当できない重戦車を除いて両任務で同じ戦車を使用するケースが増えていった。

それではドイツ軍の場合、どうであったろうか?
なんと開戦時にドイツ軍が保有していたT、U、V、W号戦車及びチェコ製の35t及び38t戦車はその殆どが機甲師団へ配備されており直協任務にあたる戦車はほぼ皆無に等しかったのである。
「戦車は集中して運用すべし」とよく言われるが大戦初頭のドイツ軍ほど徹底して戦車を運用した例はあまり類を見ない。
それではドイツ軍では直協任務を如何に考えていたのだろうか?
ドイツ軍では大戦勃発後、回転砲塔を装備しない突撃砲を量産し突撃砲大隊、突撃砲旅団を編成して直協任務に充当したのである。
前述したV号突撃砲やヘッツァーにW号突撃砲(1139両)を加えるとドイツ軍の突撃砲総数は12000両以上に及びV号戦車、W号戦車、パンター、ティーガーの合計約22000両の半分以上になるがこれは基本的に突撃砲が直協任務を担当していた為であった。
ただし大戦末期には戦車不足が生じ戦車の代用として突撃砲を機甲師団に配備した為、必ずしも全突撃砲が直協任務で使用された訳ではない。
また直協任務で使用された戦車が皆無だった訳でもなかった。
あくまでも「基本的な考え方」として御理解いただきたい。

さてティーガーは重戦車なので生産数が少ないと前述したがその理由を説明しよう。
まず開発経緯だが詳細は他の記事に譲るとして最初にドイツ軍が開発した重戦車DW1は重装甲で対歩兵用火器(7.5p24口径砲もしくは10.5p28口径砲)を装備していた。
よって攻撃対象は歩兵、機関銃座、対戦車砲などであり敵戦車ではない。
この方向性での重戦車開発はDW2に継承されVK3001(H)まで続いた。
これが変化するのは独ソ戦勃発直前に開発着手されたVK3601(H)になってからである。
この車両は主砲として対戦車戦専用の0725砲(7.5pのゲルリッヒ砲)を搭載する予定であり攻撃対象は敵戦車に限定される事になった。
恐らく対仏戦で英軍のマチルダ2や仏軍のシャールB1bisなどに苦戦したのが開発の契機となったのであろう。
かくも対戦車戦に重点を置いた戦車は大戦前半期の車両としてはソ連のT34/57くらいしか見あたらない。
ちなみに当時、ドイツ軍は各機甲師団にVK3601(H)を20両ずつ配備する予定であり機甲師団数は20個(合計400両)であった。
つまりこの時点ではまだ重戦車の独立運用構想はなく「機甲師団内の対戦車戦専門車両」の位置づけになる。
と言う事はもしもVK3601(H)が量産化され対戦車戦が激化していたとしたら1個師団20両と制限せずにその数が増やされVK3601(H)は主力戦車となり得たかも知れない。
だがVK3601(H)は量産化されずに終わった。
0725砲弾の弾芯にはタングステンが使用されていたが1941年夏、戦略的希少物資の節約命令が下され0725砲が量産化できなくなったのである。
かくしてVK3601(H)の開発も頓挫し名高い8.8p56口径を装備するVK4501(H)が新規開発されるに至った。

8.8p56口径砲についての詳細は他の記事に譲るとして本稿で述べたいのは「対戦車戦に限らず瑠弾を使用した射撃でも絶大な威力を発揮した事」である。
VK3601(H)が対戦車戦専用車両だったのに対しVK4501(H)は総合的な能力を兼ね備えた重戦車として完成しティーガー1型となった。
そしてティーガー1型は機甲師団に所属しない独立重戦車大隊を基本として編成されたのである。
もっともティーガー1型を保有する機甲師団が存在しなかった訳ではない。
第1〜3SS師団やグロスドイッチュラント師団などには特別にティーガー1型が1中隊ずつ配備されている。
だがこれらの中隊はパンターの配備が進むと共に機甲師団から抽出されSS101〜103重戦車大隊やグロスドイッチュラント重戦車大隊へ改編されていった。
ティーガー1型の数を増やすと言う事は独立重戦車大隊数を増やすと言う事であり機甲師団本体の増強にはつながらないのである。
ドイツ軍にとって戦車の要はMAN社、ダイムラーベンツ社、MNH社、ヘンシェル社、デマーク社の5社で生産された機甲師団の主力パンターに他ならなかった。
これに較べティーガーを生産したのはヘンシェル社のカッセル工場のみであった。
当初の生産数は1942年8月が12両、9月が15両、10月も15両と至って少ない。これに業を煮やしたヒトラーは11月に月産25両を命令、生産数は12月に23両、翌年1月に35両と右肩上がりに伸びてゆく。
かくして1943年夏には毎月60〜65両を生産し9月には遂に85両を生産するに至ったのだがここで大きな悲劇がティーガーに訪れた。
10月22日に工場が連合軍の戦略爆撃を受け大きな被害を蒙ったのである。
10月の生産数は50両に低下し以降3ヶ月間に渡り9月の生産を下回った。
9月のレベルまで持ち直したのは翌1944年になってからである。
そしてこの時、ティーガー2型の生産が開始されたので1月の生産数は1型93両、2型3両の合計96両となる。ついで翌月、1型95両に2型5両が生産され重戦車の月刊生産数が初めて100両を突破した。
以降、次第に2型の生産量が増え反対に1型の生産数は減ってゆく。
5月には1型100両に2型15両、6月には1型75両に2型32両、7月には1型64両に2型45両、そして8月には1型6両と2型94両が生産され以後は2型のみが生産される事になった。
しかしヘンシェルのカッセル工場は9月22日、27日,28日と連続して戦略爆撃を受け生産力が再び大きく低下してしまったのである。
9月の生産数は2型63両だが戦略爆撃は10月2日、7日にも繰り返され10月の生産数は2型26両にまで低下した。
工場の復旧は遅々として進まず生産数は11月も26両に過ぎなかった。
12月にはやっと月産56両に持ち直すが同月15日にはまたもや戦略爆撃を受け翌1945年1月の生産数が40両に低下する。
その後、2月に42両、3月に30両の2型がロールアウトされていったが4月の生産車はない。
その理由は4月4日にカッセルが陥落したからである。
かくしてドイツ軍の重戦車生産はその幕を閉じた。


前のページに戻る