阿部隆史 執筆@
『丸』2006年4月号掲載 「利根4号機 ミッドウェーでの痛恨」

昭和17年6月5日のミッドウェー海戦で日本海軍が大敗を喫した要因が索敵の不備にあった事は巷間によく知られている。
そして利根4号機の発進遅延や度重なる報告の錯綜が機動部隊司令部の用兵ミスを招いた点も論を待たない。
よって重巡利根ならびに筑摩が所属する第8戦隊(阿部弘毅少将)が実施した索敵戦を論証する事は「ミッドウェー作戦で何故、日本海軍が敗れたか?」を知る為の重要な足がかりとなると言えよう。

さて、空母戦に於いて死命を制する航空索敵のホープとして昭和9年度計画で建造された利根型(基準排水量11215t:35ノット)はいわゆる航空巡洋艦(日本海軍に航空巡洋艦と言う艦種呼称は存在しない。本稿での航空巡洋艦とは単に「航空機搭載能力の大きな巡洋艦」と言う意味である。公式には重巡と言う艦種も日本海軍には存在せず利根型は二等巡洋艦に類別されていた。)であった。
呉式2号5型射出機(カタパルト)2基を装備し6機の水上機搭載能力を持つ利根型2隻は第8戦隊を編成して空母機動部隊(南雲忠一中将:正式には第1航空艦隊)に所属し諸海戦で縦横無尽の活躍を遂げている。
開戦時のハワイ作戦からして利根1号機はラハイナ泊地、筑摩2号機は真珠湾の事前偵察に従事し大勝利へ多大な貢献を為した。
以降、利根型2隻は第2航空戦隊(空母飛龍、蒼龍基幹)と協同しての昭和16年12月のウェーク島攻略支援作戦、翌年1月のラバウル攻略作戦、4月のインド洋作戦などに参加し6月にはミッドウェー海戦へ参加するに至った。

これらの海戦で利根型が果たした役割の大部分を担ったのは主砲(20.3p8門)や魚雷発射管(61p12門)ではなく搭載機と射出機である。
利根型の搭載機は建造計画時、3座の94式水偵2機と複座の95式水偵4機であったが開戦時には3座の零式水偵も搭載されミッドウェー海戦時には零式水偵3機と95式水偵2機が搭載されていた。よってこれらの機種を概括してみよう。

愛知航空機(旧名愛知時計電機)により12試3座水上偵察機として開発された零式水偵は昭和15年12月に零式水上偵察機11型として制式化されるに至った。

特徴は当時の単発水上機(低翼単葉双フロート機)としては希に見る最高速力(376q/時)と航続力(日本海軍のデータとしては2600q、メーカー側では3326qとしている。)を備えていた事で生産機数は1423機に及ぶ。
この機数は水上機としては格段に多く99式艦爆の1515機、彗星2157機、天山1268機、97式艦攻約1250機など他の単発機と較べても遜色がない。
日本海軍が零式水偵に大きな比重をかけていた証左と言えよう。
一方、米海軍でもっとも多く使用された水偵(生産機数1519機)は通称キングフィッシャーと呼ばれるOS2U(昭和13年7月試作機初飛行)であったが零式水偵と同じ単葉水偵(ただしOS2Uは複座)ながら能力がケタ違いに低かった。
それもそのはずでOS2Uの全備重量は零式水偵の3650sに対し1815s、出力は零式水偵の1060馬力に対し450馬力とかなり小さかったのである。
当然の事ながら速力(264q/時:零式水偵の70%)、航続力(3型で1490q:零式水偵の57%)ともOS2Uは零式水偵に較べかなり劣る。
この様な性能であるから当然の如くOS2Uは索敵の主力とはなっていない。
「もっとも生産機数が多い」と言う理由や「単葉である」と言う理由でOS2Uを零式水偵の対抗機種と見る事は間違いであり複葉ではあるものの複座である95式水偵(全備重量1900s、出力630馬力、最高速力299q/時、航続力1681q)とOS2Uを比較するのが正鵠を得ていよう。
それでは零式水偵と比較すべき米海軍索敵機はなんであろうか?
水上機ではないがSBDがこれに相当する。
通称ドーントレスとして名高いSBDは太平洋戦争の前半期に米海軍が使用した傑作艦爆で急降下爆撃は言うに及ばず偵察任務でも重用されていた。
大戦前半期の米空母航空団は戦闘飛行隊、偵察飛行隊、爆撃飛行隊、雷撃飛行隊の4個飛行隊で編成されていたがSBDは爆撃飛行隊と偵察飛行隊の双方で使用されており全搭載機数の約半数を占めていたのである。
昭和14年4月に量産化が決定されたSBDは1型が海兵隊の陸上基地用であり2型が海軍の空母用であったがどちらも少数しか生産されず昭和16年から本格量産型である3型(最高速力402q/時)へと生産が移行した。
3型の航続力は爆弾満載時2160q、索敵任務の225s爆弾搭載時2540qである。もっともミッドウェー海戦だけに関して言えば米海軍は索敵の主力をPBY(カタリナ飛行艇)に置きSDBは偵察飛行隊の大部分すら攻撃兵力として運用されたので索敵に関しSBDは際だった活躍をしていない。

それでは次にミッドウェー海戦に於ける日本海軍機動部隊の索敵計画に触れよう。
なおこれまで航続力、速力の単位としてqを使用してきたが以降は戦況を理解し易くする為、浬(1.852q)とノット(1.852q/時)に変更させて頂く。
また以降の時刻は日本標準時であり現地時間は+3時間である事をお断りしておく。
計画された索敵線は7線で発進時刻は0130、方位は第1線が180度、以降第2線から7線が158度、123度、100度、77度、54度、31度である。
第1線と2線の間隔は22度、第2線と第3線の間隔は35度、第3線から第7線までの間隔は各23度で第2線と第3線の間隔だけが非常に広い。
これはここにミッドウェー島があり索敵隊と同時に攻撃隊が進撃しているので索敵が不要だったからに他ならない。
担当艦は第1線が赤城、第2線が加賀、第3、4線が利根(3線に1号機、4線に4号機を充当)、第5、第6線が筑摩(3線に1号機、4線に4号機を充当)、第7線が榛名で機種は赤城と加賀は97式艦攻、利根と筑摩は零式水偵、榛名は95式水偵であった。進出距離は300浬、側程60浬であるが第7線だけは航続力の短い95式水偵だったので進出150浬、側程40浬とされた。
この索敵計画を見ても全索敵機の過半数が利根、筑摩に搭載された零式水偵で占められており両艦と零式水偵が索敵の主力であった事が窺い知れよう。
なおこうした索敵計画の他に水偵の任務として対潜哨戒計画があった。
対潜哨戒計画の発進時刻と担当艦は1直が0130(利根、筑摩)、2直が0430(榛名、霧島)、3直が0730(利根、筑摩)、4直が1030(榛名、霧島)、5直が1330(筑摩、霧島)である。

だが思いの外、索敵は計画通りに実行されなかった。
海戦当日の0130、ミッドウェー攻撃隊と共に赤城と加賀、榛名の索敵機は予定通り発進した。筑摩も1号機が0135、4号機が0138に発進しているので少々、遅れたと言えどもさして問題はない。しかし利根では1号機が0142に発進したものの4号機ではアクシデントが発生し発進が0200まで遅れてしまった。
計画通りに飛行するのならば巡航速度120ノットである索敵機の発進が30分遅れる事は索敵ラインが60浬減少する事を意味する。
果たして発進遅延が直接の敗因となったのであろうか?
戦後、米軍からの資料にもとずいて推定された米機動部隊の実際位置は利根4号機の帰路上(すなわち往路では利根4号機と筑摩1号機の中間)にある。
零式水偵の巡航速力は120ノットなので計画通りの0130に発進すると進出地点到着が0400、帰投地点到着が0430、帰着が0700となる。
もし利根4号機が計画通りに発進したと仮定するなら0530に米機動部隊を発見したと考えられるが発進が30分遅れなので発見予定時刻は0600にずれこむ。
あにはからんや利根4号機が最初の発見を報じたのは0428であった。
何故、1時間半も早く敵を発見したのかその理由は色々と推測されるが仮に計画通り発進していたとしても先手をうてた公算は少ない。
それよりも問題とされるのは利根4号機の隣を索敵した筑摩1号機が雲上飛行した為に充分な索敵がなされなかった事であろう。
もし雲下飛行していれば発見できたのであろうか?
前述した様に各索敵機は23度間隔で飛行しており進出すればする程、各機の距離は開いてゆく。各索敵機の視界でカバーしあえれば問題ないが最大進出線(300浬)に達した時、23度間隔だと各機は120浬も離れている事になる。
米機動部隊実際位置は日本機動部隊から約180浬遠方なのでここだと各機は70浬離れている。また当時の視界は筑摩5号機が0816に発した目標上空気象情報だと30浬だ。となると「いれば絶対発見できたはず」と断言できないし「発見できる公算は低い」と言う事もできない。
仮に筑摩1号機が雲下を飛行し敵機動部隊を発見していたとすればその時刻は0300頃と推定されるので先手をうてた公算はかなり高いと考えられよう。
いずれにしても23度間隔ではかなり粗い索敵しかできないので索敵計画自体が相当、ずさんであるとの印象は拭えない。
ちなみにマリアナ沖海戦で日本海軍は8度間隔で索敵をおこなっている。
これに較べれば23度と言う間隔が如何に粗いかお判り頂けよう。
なお利根4号機が報告した敵位置は実際とは異なり筑摩1号機の帰路上であった。
利根4号機の機長は昭和17年5月に利根へ転勤してきたばかりであり色々と実務に慣れていなかったと推察できるが「計画と異なった飛行」と「存在していない地点での敵発見報告」はミッドウェー海戦の帰趨にいくつかの波紋を投げかけた。

それでは何故、利根4号機の発進が大幅に遅延したかを説明しよう。
前述した様に索敵計画とは別に対潜哨戒計画が存在したが当初、対潜哨戒機の発進は索敵機の後であった。しかし筑摩では予定通り実行されたものの利根では急遽、順序が変更され対潜哨戒機の発進を先にしたのである。
呉式2号5型射出機は計画値だと6分毎のペースで射出できるのでさして遅れず索敵機が発進させられると第8戦隊司令部では判断したのであろう。
しかしあまりにも急な変更だったので準備が整わず対潜哨戒機(95式水偵)が発進したのは0138となってしまった。
ついで索敵の利根1号機が0142に発進したものの利根4号機の発進で大きなトラブルが発生した。利根4号機には対潜哨戒機を発進させた射出機が使用されたが装薬(火薬13s)の不発を起こしてしまったのである。
規定では不発の対処には30分が要されるがとてもそこまで待ってはいられない。
やむなく処理を早め利根4号機は0200に発進した。
利根4号機の発進遅延問題は急な計画変更が主因であり直接の敗因とはなっていないが水偵と射出機に索敵の主軸を置く日本海軍の欠点を浮き彫りにしたと言えよう。

本稿ではミッドウェー海戦の初動に於ける利根4号機発進遅延問題のみを扱ったが以降、ミッドウェー海戦で各艦の水偵は縦横無尽の活躍を遂げ筑摩2号機(95式水偵)などは薄暮まで米艦隊への触接を継続した。
拙き本稿で日本海軍が如何に水偵を重要視しその搭載艦である利根型に期待を寄せていたかを汲み取って頂ければ幸いである。


前のページに戻る