日本海軍駆逐艦の防空能力


太平洋戦争中の日米海軍空母機動部隊を比較すると高角砲による防空能力の差が大きい事に気づかされる。
しかし米海軍の全艦艇が個艦レベルで多くの高角砲を装備していた訳ではない。
日本海軍に比べ個艦レベルで最も多く高角砲を装備していたのは駆逐艦である。
戦艦、巡洋艦は日米同等(もしくは米側の方が若干多い)であり空母では逆に日本海軍の方が多くの高角砲を装備していた。
つまり日米海軍機動部隊の防空能力差は駆逐艦に於いて最も顕著であったと言えよう。
なにしろ「殆どの駆逐艦の主砲が高角砲」であった米海軍機動部隊と「秋月型と松型を除く全駆逐艦の高角砲装備数0」の日本海軍機動部隊を比べるのだから致し方あるまい。
それでは空母機動部隊に於ける日本海軍駆逐艦を少し眺めて見よう。
開戦時、日本海軍の空母機動部隊に配備された駆逐艦9隻は陽炎型と朝潮型であるがこれらは3年式12.7センチ50口径砲を装備していた。
太平洋戦争中に日本海軍の駆逐艦が装備した砲には3年式12センチ45口径砲や98式10センチ65口径高角砲、89式12.7センチ高角砲などがあるが開戦から秋月型が配備されるまでの間、空母機動部隊に配備された駆逐艦は全て3年式12.7センチ50口径砲を装備している。
まさに3年式12.7センチ50口径砲は日本海軍駆逐艦を代表する砲と言えよう。
さて、この3年式12.7センチ50口径砲だがこれには仰角40度のA型、75度のB型、55度のC型、75度のD型の4種がある。
しかし仰角は75度あっても射撃する度に砲身を下げねばならないので対空射撃時は発射速度が毎分4発(米海軍の12.7センチ38口径砲の発射速度は毎分18発ないしは22発)と遅く使い物にならなかった。
毎分4発の発射速度は米軍の1/5の能力を意味しない。
1発目を撃って射撃諸元を修正している間に目標はどこかにいってしまうから「撃てるのは運まかせの初弾のみ」となる。
加えて日本海軍の駆逐艦(秋月型を除く)には対空用の射撃指揮装置が装備されていなかったので「発射速度が遅いだけでなく当てるのも困難」だったと言えよう。
(夕雲型、島風型では高角測距儀が装備されたが殆ど「焼け石に水」である)
ちなみに「なぜ日本海軍が仰角75度、発射速度毎分4発と言う中途半端な3年式12.7センチ50口径砲を駆逐艦に装備したか?」と言う問題であるがこの答は重巡高雄型へ装備された仰角70度の3年式20.3センチ50口径砲や空母赤城、加賀へ装備された仰角70度の3年式20センチ50口径砲と一緒に考えて見る必要がある。
やはり先輩格の英海軍が仰角70度の20.3センチ50口径砲をカウンティ型重巡に装備したり仰角60度の15.2センチ50口径砲をネルソン型戦艦の副砲として装備した事が要因となっているのではなかろうか。
これらの砲は日本海軍の場合と同じで結局は対空戦の役に立たなかった。
一方、ワシントン条約後に米海軍が建造した駆逐艦(旗艦として建造されたポーター型とソマーズ型を除く)には戦艦、空母、巡洋艦に装備された高角砲(両用砲とも言う)と同じ12.7センチ38口径砲4〜5門が優秀な対空用射撃式装置と共に装備されていた。
空母、戦艦、巡洋艦の対空火力強化に熱心であった日本海軍が「駆逐艦の対空火力強化」に於いてだけ冷淡であった事は大変、興味深い。
ただし日本海軍とて空母機動部隊に随伴する護衛艦の対空火力が貧弱で良いと考えていた訳ではない。
そこで次は日本海軍空母機動部隊の護衛艦構想の変遷について考えてみよう。
まず1941年4月に第1航空艦隊が編成された時、同部隊に所属していた空母以外の艦艇は第7駆逐隊(曙、漣、潮:特型)、第23駆逐隊(卯月、菊月、夕月:睦月型)、第3駆逐隊(汐風、帆風:峯風型)、朧(特型)、秋雲(陽炎型)の10隻であった。
つまり秋雲を除き全て「空母に随伴できない航続力の短い旧式艦」だったのである。
ちなみに空母部隊に随伴する駆逐艦の任務は以下に大別される。
1.不時着機の搭乗員救助(いわゆるトンボ釣り)
2.空母沈没時の人命救助(通報艦任務といえようか?)
3.対潜戦
4.対空戦
5.敵水上部隊との戦闘
当然の事であるが空母に随伴できなければ上記任務の全てが果たせない。
よってハワイ作戦では上記駆逐艦中、秋雲を除く全艦が空母機動部隊とは別作戦に従事し代わりに第17駆逐隊(陽炎型4隻)と第18駆逐隊(朝潮型2隻+陽炎型2隻)が臨時編入されたのである。
だがいつまでも臨時編入のままでは都合が悪いので1942年4月の改編で第1航空艦隊の護衛戦力として軽巡長良を旗艦とし第7駆逐隊(特型3隻)、第10駆逐隊(夕雲型4隻)、第17駆逐隊(陽炎型4隻)からなる第10戦隊が新設されるに至った。
しかし相変わらず空母に随伴できない第7駆逐隊が編成下にあるなどまだ充分な護衛戦力とは言えなかった。
そこでミッドウェー海戦ではアリューシャン攻略部隊へ第7駆逐隊が臨時編入され代わりに第4水雷戦隊の第4駆逐隊(陽炎型4隻)を借り受け空母機動部隊は戦ったのである。
これら駆逐艦の高角砲装備数は0。
とは言えハワイ作戦で空母6隻を護る駆逐艦が9隻(空母1隻につき1.5隻)だった事を考えると空母4隻に12隻(空母1隻につき3隻)となったのだから護衛戦力は大きく強化された。
米軍はどうであったか?
ミッドウェー海戦時、米海軍の第17機動部隊は空母1隻に駆逐艦6隻、第16機動部隊は空母2隻に駆逐艦9隻を揃えており平均すると空母1隻に駆逐艦5隻であった。
日本としてもそれなりに護衛戦力を強化したのであるが米海軍の護衛戦力は日本より遙かに大きかったのである。
この差は以後も縮まらず第2次ソロモン開戦時で日:米の駆逐艦比は2.5:7南太平洋海戦で約3:7となった。
更にミッドウェー海戦を例に取ると日本駆逐艦の高角砲装備数が0であったのに対し米駆逐艦15隻中10隻が高角砲5門、3隻が高角砲4門を装備しており第16機動部隊には高角砲16門を装備する防空巡アトランタまで編入されていた。
この状況を覆すべく登場したのが防空専用の秋月型である。

秋月型について
さて秋月型は1940年7月に1番艦が起工した。
一方、米海軍が防空専用として建造した初の防空巡アトランタ型の1番艦起工は1940年4月である。
すなわち「防空専用艦の建造着手」に関して言えば意外な事に日米間で3ヶ月しか違っておらずさして遜色があるとは言えない。
ただし竣工に関してはアトランタ型1番艦が1941年12月でミッドウェー海戦以降の諸海戦へ参加できたのに対し秋月型1番艦竣工は1942年6月まで遅れ南太平洋海戦以降の海戦にしか参加(しかも南太平洋海戦時、1番艦は前日の空襲で損傷し2番艦のみが参加)できなかった。
なお秋月型の建造計画は1938年に始まるが当初、要求されたのは排水量4000tで高角砲8門を装備する「直衛艦」であった。
更に秋月型の原型となる「直衛艦」へ魚雷発射管4門が追加(反対に速力と航続力は減少)され駆逐艦に類別変更のうえ翌年のC計画で6隻の建造が決定されるに至った。
このC計画では装甲空母大鳳も建造されている。
ではこの6隻で護るべき空母は何隻存在したのだろう?
開戦時の大型空母6隻に大鳳、龍驤、瑞鳳、龍鳳、祥鳳、隼鷹、飛鷹で13隻(鳳翔は小型すぎるので除外、大鷹型3隻は低速過ぎるので除外、千歳型はミッドウェー海戦で敗北するまで水上機母艦もしくは甲標的母艦として使用する予定だったので除外)となる。
秋月型6隻では13隻の空母を護衛するのに数が不足である事は論を待たない。
よって開戦と共に策定されたマル急計画で秋月型10隻の追加建造が決定された。
またマル急計画では空母雲龍も追加されている。
空母は14隻で秋月型は16隻。
これら空母14隻のうち軽空母や商船改装空母にまでは秋月型をつけないと考えれば1個航空戦隊の空母2隻に秋月型4隻が随伴させられる。
戦史叢書「ミッドウェー海戦」137頁に「当時、日本海軍には空母3隻で航空戦隊を編成する思想はなかった。」と記述されている事と日本海軍の駆逐隊が基本的に1隊4隻で編成されている事から大型空母1個戦隊(2隻)と秋月型1個駆逐隊(4隻)からなる4部隊を編成し適宜、組み合わせて戦艦部隊、巡洋艦部隊と連携させて運用する事が開戦当初に日本海軍の考えていた空母直衛構想の基本ではなかろうか。
だがこの構想は脆くも瓦解する。
元来、D計画では空母3隻、秋月型16隻が計画されておりこれが完遂すれば日本海軍の空母戦力は空母17隻(大型空母11隻)、秋月型32隻になるので全ての航空戦隊に秋月型1個駆逐隊を随伴でき8個(大鳳はD計画の装甲空母2隻と共に日本海軍初の3隻編成航空戦隊になると推測)の空母機動部隊が編成できるはずであった。
だがD計画はミッドウェー海戦の敗北によって急遽、空母18隻(当初は20隻だったが信濃改装の為2隻削減)、秋月型23隻の改D計画へと変更される。
改D計画では上記の新造空母18隻に加え信濃、千歳、千代田、伊吹の空母改装も決定されておりこれまでに沈んだ祥鳳、赤城、加賀、蒼龍、飛龍を除くと空母数は31隻(大型空母だけで23隻)に及ぶが秋月型は総計39隻にしかならない。
もっとも改D計画で新造される空母の最終艦竣工予定は1948年9月と言う「先の長い話」なので秋月型は改D計画の終了までにもっと追加する予定であったかと推測される。
よって31隻の空母と39隻の秋月型を並べて見ても「日本海軍が構想した空母機動部隊の実像」とはならないと言えよう。
「日本海軍が空母1隻に何隻の秋月型を必要と考えたか?」はD計画完成時の空母1隻に秋月型2隻(軽空母を除外すれば3隻弱?)と考えるのが妥当ではなかろうか。

防空輪形陣について
高角砲装備の護衛艦が空母を護るには外周を取り囲む「輪形陣」が合理的である。
空母を単縦陣で並べその左右に護衛艦を単縦陣で配する3列縦陣も考えられるが指揮管制上の見地から航空戦では好ましくない。
さて輪形陣だが中心にある空母と外周を囲む護衛艦との距離が重要である。
あまり近いと衝突しかねないし外周の長さが短ければ短いほど輪形陣を構成する艦艇数が少なくなってしまう。
なぜなら護衛艦同士も衝突を避ける為、距離をあけなければならないからだ。
では外周までの距離はどの程度が適正なのだろうか?。
まず護衛艦の高角砲で空母を襲う敵機を撃ち落とせねば何の意味もない。
さて高角砲の射高はと言うと98式10センチ65口径砲が19500m、89式12.7センチ40口径砲が9400m、米軍の12.7センチ38口径砲が11340mなのだが「目標の近くに当てる」となるとぐっと短くなり89式12.7センチ40口径砲の場合、最大有効射高は6000m(軍事研究別冊「海軍機動部隊」83ページ)となる。
「空母の直上に1発だけ発射できればいい」のなら半径6000mの輪形陣も可能だがそれでは充分な防空火網とならない。
実際はどうであったろうか?
珊瑚海海戦時、瑞鶴と護衛艦は4000m、翔鶴と護衛艦は8000m離れていた。
基本陣形では2000mの予定だったが陣形が乱れ広がったのである。
一方、米軍の輪形陣は外周まで1800〜2600mだったらしい。
またミッドウェー海戦時に米軍がとった輪形陣は1500m(軍事研究「海軍機動部隊」110頁)であった。
レイテ海戦時に第3艦隊(小沢部隊)がとった輪形陣はW型(メガネのような形)2隊で構成されており外周までの距離は1500〜2500m(戦史叢書56巻404頁)である。
これらの事から効率的な輪形陣は半径1500〜2000mと推察される。
なお1942年2月に第2航空戦隊の山口少将が連合艦隊司令部へ提出した意見書(横谷英暁著「マリアナ沖海戦」59頁参照)によると彼は大型空母(蒼龍以上)12隻と対空護衛艦50隻の新造を要求しており既存の空母6隻と併せて6隻ずつ3個航空艦隊の編成を提案している。
このプランによれば空母6隻を護衛艦16隻が取り囲むので外周までの半径が2000mの輪形陣だと護衛艦同士の距離は約750mとなり「ちょっと手狭」になる。
ただし彼はミッドウェー海戦で戦死しその後、改D計画が策定されたのでこのプランは実現化しなかった。
次に航空雷撃と防空輪形陣の関係について考えてみよう。
通常、雷撃機は発進してから目標の約10000m手前まで緊密な編隊で飛行する。
緊密編隊なのは指揮官が列機を掌握する為である。
また視界を良くする必要上、高度もそれなりに高くとる。
その後、約10000m手前で横陣による数編隊の突撃隊形に移り高度を下げる。
横陣で一斉投下し目標を網にかけるのが雷撃戦のセオリーだが隊形変換するには最初の時点で高度が必要なのである。
しかる後、目標に向かい海面すれすれを低空飛行し約1000m手前で魚雷を投下する。
当然の事であるが雷撃では命中界の広い船体側面を狙う。
よって魚雷の針路と目標の針路は対角線をなす。
魚雷は61q/h(33ノット:米軍のMK13魚雷:日本海軍の91式魚雷改3なら42ノット)の速度で目標へ向かうので「目標が停止状態」なら約1分で命中する。
しかし目標が移動しているのなら目標の針路と魚雷の針路が交差する未来位置を予測し投下しなければならない。
しかも魚雷は投下時に一旦深く潜ってしまうので投下位置が目標から近すぎると艦底を通過してしまう。
仮に50km/h(27ノット)で航行している目標(大和)をTBF1(時速404km/h)が側面から雷撃したとしよう。
方眼紙に書いて見ると「命中が期待できる投下位置範囲」が良く判ると思う。
それでは投下後、雷撃機が直進すると目標の何処を通過するのか?
当然、航空機の方が目標より速い。
よって移動中の目標に対する航空機の雷撃は「目標艦の前を横切る形」でなされるのであり目標直上を通過する事はない。
そこで目標から見た雷撃機位置は「自分に向かって来る一点」ではなく「横方向へ移動する線」となる。
これに対し目標側の高角砲が射撃を加える。
輪形陣のどの艦がどれだけ高角砲を撃てるか検証してみよう。
雷撃機の緊密編隊が10000m手前から突撃隊形に移る事は前述したが高角砲の有効射程もおよそ10000mである。
つまり隊形変換時から撃たれ始めるのだがこの時はまだ高度が高いので味方艦は射線障害とならない。
ついで隊形変換を終え低空飛行になると中央の味方艦が射線障害となるが目標と雷撃機の相対位置は常に変化するので「全雷撃機が常に味方艦の陰にはいる」といった物でもない。
さて防空輪形陣だが菊水作戦時の第2艦隊は大和を中心に半径2000mの距離で護衛艦9隻が取り囲んでいた。
半径2000mなので円周長は約12000m。
それを9隻で割ると約1300m。
護衛艦は約1300m間隔で航行しているのだから仮に護衛艦を秋月型(全長134m)だとすると陰になっている部分が1に対して発砲可能な海の部分が9となる。
そして雷撃機の位置は「横方向へ移動する線」なので相対位置が常に変化する。
(円なので必ずしもこのままではないし中央にいる大和が陰を作る部分もあるが)
防空輪形陣は御神輿やスクラムと違ってかなり距離があいているので輪形陣の反対象限にいる艦が高角砲で雷撃機を射撃する機会はかなりあると言えよう。
(ゲーム画面上では密集しているがこれは演出上の問題に過ぎない。)

98式10センチ65口径高角砲について
最後に秋月型が装備した高角砲について申し述べたい。
この砲は一般的に「画期的で優秀な高角砲」と言う事になってる。
高初速で長射程、発射速度も毎分15発(世界の艦船212号及び日本駆逐艦史)〜19発(軍艦メカニズム図鑑「日本の駆逐艦」)で申し分ない。
ただしこの砲は小口径なので弾頭重量が13sと小さかった。
一方、日本海軍の89式12.7センチ40口径高角砲(松型装備)の弾頭重量は23s、米海軍の12.7センチ38口径高角砲の弾頭重量は24.5sである。
高角砲の機能が「時限信管もしくはVT信管を使用し航空機の近くで炸裂させ弾片で航空機を撃破する事」だとすれば弾頭重量差は能力差に直結する。
ちなみに米海軍がウースター型で15.2センチ両用砲に踏み切ったのもこれが要因(世界の艦船375号103ページ)とされている。
射程(および初速)と弾量のどちらに優れた高角砲が傑作高角砲なのだろうか?
米軍とて短射程の12.7センチ38口径高角砲で満足していた訳ではない。
上記の15.2センチ両用砲の他にも第2次世界大戦末期に建造(戦後竣工)されたミッドウェー型空母や未成に終わったモンタナ型戦艦には射程の長い12.7センチ54口径砲(弾頭重量31.8s)が装備されている。
米軍高角砲が長射程化した理由は「大戦前半の航空機は目標となる艦船の近くまで接近して攻撃したから短射程でも問題はなかった」のに対し「ロケットと誘導技術の進化により航空機が遠距離対艦攻撃力を持ち始めた」のが原因(世界の艦船532号186ページ)である。
それでは日本の場合はどうか?
北澤法隆元1佐(護衛艦の砲術長を歴任)が僕に語られた所によれば「長射程化によって射撃開始時期を早め1発でも多く目標に射弾を送る事が目的」である。
また小口径化の理由を「弾頭軽量化によって装填速度の向上を図る事が目的」とする研究家もいる。
1発の弾頭重量を大きくするか?
長射程化して射弾数を増やし小口径化で発射速度を増やすか?
弾片効果ではなく直撃を狙うなら弾頭重量差など無視して小口径化するのもひとつの方策だ。
VT信管のない日本としては短射程、軽弾頭重量の方が「効率の良い高角砲」なのかもしれない。
ただし僕としては「98式10センチ65口径高角砲は画期的高角砲」であるものの「89式12.7センチ40口径高角砲や米軍の12.7センチ38口径高角砲も弾頭重量の多い実用的高角砲」だと思っている。
なお生産性が悪い事と初速が速い為、砲身命数が小さい事も98式10センチ65口径高角砲の欠点とされている。


前のページに戻る