空母戦の発生要因と空母の敵

空母戦の発生要因
さて「空母対空母の艦隊戦」(長いので空母戦と略)は如何なる時に発生したのか?
空母戦を「空母から発進した攻撃隊が空母を攻撃した海戦」と定義した場合、太平洋戦争で発生した空母戦は以下となる。
1.セイロン沖海戦
2.珊瑚海海戦
3.ミッドウェー海戦
4.第2次ソロモン海戦
5.南太平洋海戦
6.マリアナ沖海戦
7.レイテ海戦
8.日本本土空襲

上記のうち1のセイロン沖海戦と8の日本本土空襲は侵攻側の空母機動部隊が一方的に防御側の艦船と飛行場を攻撃しているので「空母戦じゃない。」と思われる方が多いであろう。
よって除外する。
3年9ヶ月に渡る戦争で2〜7のたった6回だ。
まずこれを覚えて置いて頂きたい。
少ないと思われるだろう。
しかも6回中の4回が1942年の半年間に集中している。
つまり3年9ヶ月に及ぶ太平洋戦争のうち上記の半年を除くと3年3ヶ月で2回だ。
実の所、空母戦の本質を考えるなら6回でも多いと言えよう。
日本海軍が攻撃に徹底性を欠いたから6回も発生したのである。
珊瑚海海戦でヨークタウンを取り逃がさず撃沈していたらミッドウェー海戦は発生しなかったと考えられるし第2次ソロモン海戦でエンタープライズを取り逃がさず撃沈していたら南太平洋海戦も発生しなかったであろう。
それでは次に「空母戦とは何か?」を考えて見よう。
広い洋上で空母機動部隊同士が雌雄を決する為に出くわし優劣を競い合うのが空母戦か?
そんな事はない。
上記8件の全てが「侵攻側の空母機動部隊が防御側の飛行場を空襲する目的で接近したのが生起要因」でありこのうち6件(2〜7)が「侵攻側の空母機動部隊を迎撃する為に防御側も空母機動部隊を出撃させた為に発生した海戦」なのである。
つまり空母戦と「空母機動部隊による飛行場空襲」とは紙一重であり防御側が空母機動部隊での迎撃に躊躇した場合、全ての空母戦は単なる「空母機動部隊による飛行場空襲」で終わってしまったであろう。
逆に幾つかの「空母機動部隊による飛行場空襲」は空母戦に変化しえた可能性がある。
それでは太平洋及びアジア方面で空母機動部隊による空襲作戦がどれだけあったか主だった作戦をざっと見てみよう。

 1.1941年12月上旬:1航艦によるハワイ空襲
 2.1941年12月上旬:4航戦によるダバオ空襲
 3.1941年12月下旬:2航戦によるウェーク空襲
 4.1942年1月下旬:1航艦によるラバウル、カビエン、ラエ空襲
 5.1942年1月下旬:2航戦によるアンボン空襲
 6.1942年2月上旬:米第8,17機動部隊によるマーシャル空襲
 7.1942年2月中旬:1航艦によるポートダーウィン空襲
 8.1942年2月下旬:米第11機動部隊によるラバウル空襲
   (ニューギニア沖海戦)
 9.1942年2月下旬:米第8機動部隊によるウェーク、トラック空襲
10.1942年3月上旬:米第8機動部隊によるマーカス空襲
11.1942年3月上旬:1航艦によるチラチャップ空襲
12.1942年3月中旬:米第11,17機動部隊によるラエ、サラモア空襲
13.1942年4月中旬:米第16、18機動部隊による東京空襲
14.1942年5月上旬:米第17機動部隊によるツラギ空襲
15.1942年6月上旬:4航戦によるダッチハーバー空襲
16.1942年8月上旬:米第11,16,18機動部隊によるツラギ空襲
17.1942年10月中旬:2航戦によるガダルカナル空襲
18.1943年6月:米英第36機動部隊によるニュージョージア空襲
19.1943年9月上旬:米第15機動部隊によるマーカス空襲
20.1943年9月中旬:米第15機動部隊によるギルバート空襲
21.1943年10月上旬:米第14機動部隊によるウェーク空襲
22.1943年11月上旬:米第38機動部隊によるラバウル空襲
23.1943年11月中旬:米第38、50機動部隊によるラバウル空襲
24.1943年11月下旬:米第50、52、53機動部隊によるギルバート空襲
   (ギルバート諸島沖航空戦)
25.1943年12月上旬:米第50機動部隊によるマーシャル空襲
   (マーシャル諸島沖航空戦)
26.1943年12月下旬:米第50機動部隊によるカビエン空襲
27.1944年1月下旬:米第58機動部隊によるマーシャル空襲
28.1944年2月中旬:米第58機動部隊によるトラック空襲
29.1944年2月下旬:米第58機動部隊によるマリアナ空襲
30.1944年3月下旬:米第58機動部隊によるパラオ空襲
31.1944年4月中旬:米英第70機動部隊によるサバン空襲
32.1944年4月下旬:米第58機動部隊によるトラック空襲
33.1944年5月中旬:英機動部隊によるスラバヤ空襲
34.1944年5月中旬:米第58機動部隊によるトラック空襲
35.1944年5月中旬:米第58機動部隊によるマーカス空襲
36.1944年5月下旬:米第58機動部隊によるウェーク空襲
37.1944年6月中旬:米第58機動部隊によるマリアナ空襲
38.1944年6月中旬:米第58機動部隊による硫黄島空襲
39.1944年7月下旬:英機動部隊によるサバン空襲
40.1944年8月上旬:米第58機動部隊による硫黄島空襲
41.1944年9月中旬:米第38機動部隊によるセブ空襲
42.1944年10月上旬:米第38機動部隊によるマニラ空襲
43.1944年10月上旬:米第38機動部隊による沖縄空襲
44.1944年10月中旬:台湾沖航空戦
45.フィリピン各地で展開された数限りない空襲
46.1945年1月上旬:英第57機動部隊によるベラワンデリ空襲
47.1945年1月下旬:英第57機動部隊によるパレンバン空襲
48.1945年2月中旬:米第58機動部隊による東京、横浜空襲
49.1945年2月下旬:米第58機動部隊による硫黄島空襲
50.1945年3月中旬:米第58機動部隊による九州、呉空襲
51.1945年3月下旬:米英機動部隊による機動部隊による沖縄空襲
52.沖縄周辺各地で展開された数限りない空襲
53.1945年7月上旬:米第38機動部隊による関東空襲
54.1945年7月下旬:米第58機動部隊による呉空襲

他にもまだある。
すなわち「空母とは飛行場を攻撃する為の兵器であり空母と戦う為の兵器ではない。空母戦が発生するのは戦力が拮抗しており防御側が空母による迎撃を決心した時に限られる。」と言う事につきる。
充分に基地航空隊を配備してあるのならば迎撃に空母を使用する必要はない。
(井上提督流の考え方だと思われるかも知れない。しかし4発重爆を主体とした米軍の「A計画」も似たような物だと言えよう。)

空母の敵
1939年の第2次世界大戦勃発時、英海軍は6隻の艦隊型空母を保有しており大戦中、これに艦隊型空母12隻(航空工作艦1隻を含む)、護衛空母45隻を増勢した。
これら63隻中8隻が戦没(艦隊型空母5隻、護衛空母3隻)している。
一方、1941年から参戦した日本海軍は艦隊型空母9隻、護衛空母1隻をもって開戦を迎え艦隊型空母11隻、護衛空母4隻を増勢した。
これら25隻中の戦没艦は19隻(艦隊型空母15隻、護衛空母4隻)である。
また日本と同時に参戦した米海軍は艦隊空母7隻、護衛空母1隻をもって開戦を迎え艦隊型空母26隻、護衛空母76隻を増勢した。
この内訳について若干、説明しよう。
32隻計画され26隻が起工したエセックス型のうち17隻が終戦までに竣工(7隻は戦後に竣工:2隻は建造中止)し14隻が実戦に投入された。
この17隻にインデペンデンス型9隻を加えたのが艦隊型空母26隻である。
護衛空母はチャージャー型1隻、ボーグ型11隻、サンガモン型4隻、カサブランカ型50隻、コメンスメントベイ型10隻(他に戦後竣工艦9隻有り)で76隻となる。
これら110隻中のうち11隻(艦隊型空母5隻、護衛空母6隻)が戦没した。

さてこれら198隻の空母はどの様な敵と戦いを繰り広げたのであろうか?
これを考えるには2つのアプローチがある。
ひとつはこれら198隻が「どの様な敵を攻撃したか」を見る事だ。
この対象には空母、水上艦、飛行場、潜水艦は勿論の事、飛行場、工場、トーチカなどが加わり挙げ句の果てには民間家屋、湖のダム(本当の事だ。地中海のサルディニアで実行された)までが連なる。
これをいちいち検証するのはちょっとばかり大変だ。
今はやめておこう。
さて、もうひとつは「空母がどんな敵から攻撃されたか?」を見る事だ。
これならそう大した手間はかからない。
第2次世界大戦の戦没艦は前述したように38隻だけなので。
なお198隻中38隻の戦没は19%であるがこの数値を見て「空母ってのは案外沈められていないんだな。」と思われると困る。
参戦時に日米英海軍が保有していた空母は総計24隻だがなんとこのうち18隻が第2次世界大戦中に戦没した。
実に75%である。
つまり「各国が最初に保有していた空母は激烈な戦闘の末、片っ端から沈められたがその後に空母が大量建造されたのでトータルでの戦没率は19%に落ち着いた」となる。
よって大戦後半に建造された英米空母の戦没率は極めて低い。
さて本文に於ける空母の定義であるがMACシップや日本の陸軍空母、山汐丸などは対象から除外している。
また護衛空母を「商船構造の空母」と定義したが隼鷹型、コロッサス型は能力が高く運用構想も艦隊型空母と変わらない為、護衛空母ではなく艦隊型空母として扱った。
戦没要因については対象を潜水艦、水上艦、艦載機(即ち空母)、陸上機、事故の4種に区分し千代田やホーネット、ヨークタウンなど複合する場合は筆者の判断で「主として戦没要因となった1種」に類別した。
ちなみに前述3隻の戦没要因は艦載機としている。
天城やナボブなど全損に近い状態であってもとりあえずは戦没艦扱いとはしていない。
こうして集計すると38隻のうち潜水艦による戦没艦は16隻、水上艦による戦没艦は2隻、艦載機による戦没艦は15隻、陸上機による戦没艦4隻、事故1隻となる。
これを見て判る様に潜水艦による被害が最も大きい。
空母は潜水艦にとって大きな脅威である反面、護衛艦が過少であれば「空母こそが潜水艦にとって大きな獲物」になると言えよう。
日本海軍空母が潜水艦の魚雷を受けたのは大戦中15例あり7例は大破にとどまったが8例は戦没に至った。
次に多いのは艦載機による戦没である。
ただし15隻のうち11隻が日本海軍空母で連合国空母での戦没は4隻に過ぎなかった。
これは「英海軍の主敵は独伊海軍であり敵が空母を保有しない以上、艦載機による戦没艦は生じない事」と「米海軍の主敵は日本海軍であったが大戦末期、日本海軍の空母部隊は攻撃力を大きく失い米空母の交戦対象が日本軍陸上機となった事」による。
だとしたら「陸上機による戦没艦」がもっと多そうだがこれは4隻だけだ。
何故であろうか?
陸上機は空母にとって脅威となりえないのであろうか?
そんな事はない。
1943年11月のギルバート諸島沖海戦で米空母インデペンデンス、12月のマーシャル諸島沖海戦でレキシントン(エセックス型の2代目)、翌年2月のトラック空襲でイントレピッド(エセックス型)がいずれも陸上機の雷撃で大破しており地中海では英海軍の装甲空母が4回もドイツ軍の急降下爆撃により大破している。
更に大戦末期になると特攻の激化により損害の急増は枚挙の暇が無くなった。
これらは全て陸上機による戦果であるが「大破させたものの戦没には至らなかった例」が非常に多い。
その原因として太平洋戦域では「陸上隊VS空母の戦い」は優勢な側(即ち侵攻側)が空母であり「大戦末期には連合軍が優勢であった事」ならびに「当時の連合軍空母が装甲空母ではないが沈みにくいエセックス型や英海軍の装甲空母だった事」が挙げられよう。
ちなみに日本海軍は開戦後の7ヶ月を除き終始、防衛側に回ったが戦没艦19隻中、陸上機を戦没要因とする艦は0であった。
これは大戦中盤であっても「日本海軍が敵陸上機の行動圏内で空母を航行させる事」を極度に敬遠した事が原因のひとつと考えられる。
すなわち「戦没要因を陸上機とするのは僅か4隻で艦載機の15隻に比べて至って少ない。」が「艦載機によって沈められた15隻中11隻は日本海軍空母」なので米海軍のみを見るのなら「戦没空母11隻中、3隻が艦載機、4隻が陸上機」であり必ずしも陸上機の脅威が小さいとは言い難い。
ましてや戦没には至らなかった損傷例を考えると米空母は日本軍陸上機によって甚大な損害を蒙ったと言えよう。


前のページに戻る