空母戦記2の航空機ルールについて

空中集合
それでは空中集合について述べよう。
本稿に於ける空中集合とは複数の空母から発進した編隊が進撃前に母艦上空で合同し更に大きな編隊を組み直す事を言う。
よってまず航空機が編隊飛行する利点について考えねばならない。
航空機の単機行動の最大の欠点は迷子になる機体(洋上航法のできない単座機であればなおさらである。)が続出する点にあると言えよう。
しかしあまりにも編隊が大きくなるとこれまた迷子が多発(当時の日本海軍機は通信能力が低く場合によっては編隊内通信を有視界の黒板通信や手旗に頼っていた。)してしまう。
よって編隊には適正サイズがある。
また空中集合は意外と困難をきたす。
マリアナ沖海戦に際し日本海軍第2航空戦隊(隼鷹、飛鷹、龍鳳)から発進した第1次攻撃隊の場合、当初予定していた艦戦17、爆戦25、天山7:合計49機の空中集合に失敗し艦戦4、爆戦16:合計20機が別行動をとっている。
なお編隊の機数が多ければ多い程、攻撃時には敵の防御砲火や迎撃戦闘機による被害を分散させられるので「適正サイズのギリギリ」まで編隊機数は多い方が望ましい。

空中集合のロス
戦史叢書「ミッドウェー」348頁をみると飛龍の第1次攻撃隊(24機)の発艦所要時間は4分である。
よって1機あたり10秒となる。
なお同書では最終機発艦時刻をもって「攻撃隊発艦時刻」としている。
さて、それでは空中集合した場合、どれだけのロスが生じるのであろうか?
これには攻撃隊の攻撃隊発艦時刻と攻撃隊進撃開始時刻の差を見れば良い。
戦史叢書によれば大規模な空中集合をした真珠湾奇襲の第1次攻撃隊と第2次攻撃隊、ミッドウェー海戦のミッドウェー島攻撃隊の空中集合所要時間は全て15分だ。
99式艦爆の巡航速力は150ノット(戦史叢書「ミッドウェー海戦」)だし集合時間が1/4時間なのだから空中集合でロスする航続力は37.5浬となる。
つまり今回導入される空中集合3段階の「40浬」だ。
20〜40浬の切り替え式なのでお好きな状況でプレイして頂きたい。
また適正サイズを表す集合編隊規模も3段階の切り替えとなっている。

航続距離:
さて航続距離によって最大攻撃距離が決まるのは簡単に御理解頂けよう。
そこで「航続距離とは如何なる数値か?」を考えて見なければならない。
航空機は燃料を消費して飛行するので当然の事だが航続距離は燃料搭載量と燃費と巡航速度で決定される。
これら3要素のうち燃料搭載量は一定(資料によって多少の差はある)だが燃費は搭乗員の技量によって大きく変化する。
零戦21型を例にとると森史朗著「海軍戦闘機隊1」によれば中国戦線では125L/hだった燃費が1ヶ月の訓練によって115L/hに向上されている。
また台南空では更に燃費が向上して80〜85L/hとなり最高記録では67L/h(坂井三郎上飛曹)に達した。
恐らく一般的な搭乗員の場合、100L前後(第204海軍航空隊戦記「ラバウル」87頁でも開戦時の平均を100Lとしている。)となろう。
よって最高記録を基準とした場合、台南空のベテラン達で航続力は83〜78%、一般的搭乗員では67%に航続距離は減少する。
もうひとつ例を挙げよう。
海軍航空教範60頁では97式艦攻の航続距離を1231浬としている。
だがこれはどうやら偵察時らしく80頁では実用実験値1080浬となっており、しかもそれは「技量特に優秀なる者の成績の場合」で「技量優秀なる者の場合」だと700浬、「艦隊一般搭乗員」になると650浬、「技量未熟なる者」では600浬としている。
1/3の燃料で往き1/3の燃料で戦い1/3の燃料で帰るのなら最大攻撃距離は技量優秀で230浬、未熟で200浬だ。
でもこれは「帰投時に燃料タンクがカラッケツ」の状態を前提としているのであまり実際的とは言えない。
10%程度のマージンを考えると最大攻撃距離は一般搭乗員で約200浬となる。
よって空母戦記2では航続距離1080浬の97式艦攻の最大攻撃距離を200浬としてデータ化しその他の航空機も一般搭乗員の航続距離/3(すなわちカタログ値の航続距離の19%前後)を最大攻撃距離の基準とした。
航続距離1000浬未満の機体については若干多く、1500浬以上の機体に少なく設定しておりゲームバランス上、問題となる機体についてはもっと多くの修正をかけているがだいたいの目安として頂きたい。

攻撃距離
空母からの攻撃距離を戦史叢書「ハワイ作戦」181頁では260浬としているが戦史叢書「ミッドウェー海戦」145頁では250浬としており戦史叢書「海軍航空概史」201頁では大略200浬としている。
つまり200〜260浬位であり「はっきりとは決まっていない」のが実状だ。
米軍の場合はどうであろうか?
マリアナ沖海戦で日本海軍が大鳳、翔鶴を失った翌日、米艦隊は薄暮攻撃を敢行したが当初、攻撃距離220浬の情報によって攻撃隊を発進させた。
これは当時の米海軍にとって「ギリギリの距離」(ディクソン海戦史)らしい。
しかし攻撃隊発進後、日本艦隊は「更に60浬遠方」である事が判明する。
にも関わらず攻撃中止命令は発せられなかった。
しかもディクソン海戦史だと「実際の距離は300浬」だったらしい。
かなり無茶な話である。
第58機動部隊を率いるミッチャー提督もかなりヤバイと思ったらしく攻撃隊の帰路を短縮する為、全艦隊を日本艦隊方面へ進撃させたがそれでも攻撃隊の帰路は240〜298浬に及んだ。
帰路に差がでたのは攻撃隊各機の攻撃時刻がまちまちだったので帰投時刻もバラバラになり母艦の位置が随時変化した為である。
もっと長く飛行した機体は往復で約600浬飛行した事になる。
SB2C1型の航続距離は爆弾満載時で964浬(1786km)、SBD5型は969浬(1795km)だから理論的には攻撃可能と言えよう。
ちなみにこの攻撃にはF6F艦戦85機、TBF艦攻54機、SB2C艦爆51機、SBD艦爆26機の合計216機が投入された。
そして結果としては戦闘で20機が失われたのに対し帰投時の不時着/事故が80機(横谷著「マリアナ沖海戦」の数値:「太平洋戦争海戦ガイド」では70機、「アメリカ海軍機動部隊」では73機)にものぼったのである。
すなわち出撃機数の37%(搭乗員の大部分は救助されたが)だ。
この攻撃は「これまで220浬が最大攻撃圏内」と思われていた「米海軍の常識」を覆した作戦でありマリアナ沖海戦は米海軍にとっても「長距離航空攻撃の限界」に挑戦する戦いとなった事が窺える。

燃費について
前述した様に零戦21型の燃費は搭乗員の練度によって大きく変動する。
まず燃料搭載量だが機内槽と増槽で518+330リットル(以下L)とする資料(航空機総集のメーカーデータ、丸エキストラ版5号、ミリタリークラシック「零戦事典2003」など)や525+330Lとする資料(丸メカニック「零戦」)、540+330Lとする資料(航空機総集の海軍データ、航空情報別冊「太平洋戦争日本海軍機」など)がある。
とりあえず848Lとしておこう。
巡航速力も各資料で差があり140〜180ノットとしているがここは戦史叢書「ハワイ作戦」や戦史叢書「ミッドウェー海戦」などに記述されている180ノットとする。
航続距離をどうするか?
これも資料によってまちまちだ。
なにしろ搭乗員の能力によって航続距離の基本となる燃費が変わるんだから。
でもまあ一番多く使用されている1891浬(約3500q)としておくか。
1891浬÷848L=2.22浬(4.1q)が零戦21型のリッター燃費である。
ここでちょっと搭乗員練度と飛行時間について考えてみよう。
1891浬÷180ノット=10.5時間だとするならば1時間当たりの燃費は80Lとなる。
最高記録の坂井上飛曹が67L、ベテランで80〜85Lなんだからおかしな数値ではないのかもしれない。
だがデータ算出時の搭乗員が坂井上飛曹ほどの練度だとしたら848L÷67=12.6時間飛行し巡航速力は1891浬÷12.6時間=150ノットとなってしまう。
1時間80Lで巡航180ノットなんだろうか?
それとも1時間67Lで巡航150ノットなんだろうか?
そもそも最初から最後まで同じ巡航速力で飛行するのであろうか?
経済的な巡航は速力の制御ではなくエンジン回転数の制御が重要であろう。
だとすれば燃料を消費すると機体重量が軽くなるので相対的に巡航速度は向上する。
これに「増槽使用時は空気抵抗で速力が20%低下」が加わってくる。
それだけではない。
燃料を全て巡航飛行で使用できる訳ではないのだ。
離陸時と巡航高度までの上昇にだって燃料を食う。
どれくらいだろう。
零戦21型の上昇力は巡航高度6000mまで7分半だ。
離陸と上昇では全力でエンジンを回すとして全力時の燃料消費量は?
坂井上飛曹は「大空のサムライ」で全力時の燃料消費を巡航時の4倍と記述している。
機種は違うが烈風の場合3.6倍だ。
とりあえず4倍としておこう。
だがどの巡航の4倍?
巡航の燃費は練度、高度で変化する。
坂井上飛曹の67Lを基準とするなら7分半の全力飛行で消費する燃料は33Lだ。
848L−33=815L
815÷67=12.1時間
1891浬÷12.1=156ノット
う〜ん?
離陸や上昇で消費する燃料はそれほど多く無い様だし巡航180ノット、航続1891浬、1時間当たりの燃費80Lで割り切っちゃった方が良さそうである。
ちなみに戦前や大戦前半に開発された日本海軍航空機では航続力が距離で明記されているが大戦後半に開発された航空機や試作機、計画機では距離でなく全力0.5時間+巡航2時間などの形式で航続力が記述されているケースが多い。
全力時の燃料消費は概ね巡航時の3.5〜4倍なので上記の表記に巡航速力が併記されていればおよその航続距離は算出できる。
さてこれらの記述では全力がいつも0.5時間なのだがどうやら日本海軍では戦闘行動に要する時間をほぼ0.5時間(30分)と見積もっていたらしい。
開戦前、3空飛行長の柴田中佐は第11航空艦隊に意見具申(森史朗著「日本海軍戦闘機隊1」197頁参照)したがこの時、「空戦全力20分間以内で引き上げる事に計画すれば帰投の航続距離を約100浬延長する事ができる」としている。
全力飛行で10分の短縮は巡航40分に相当する。
巡航速力を180ノットとした場合で120浬、157ノットとした場合で104浬なので「なるほどなあ」と思う。
攻撃距離の算出を「航続距離から搭乗員練度の修正をし往きで1/3、攻撃で1/3、帰りで1/3燃料を消費し10%のマージンを取らせるとした」と前述したが攻撃での燃料消費を抑えれば往復の巡航に燃料が使えるので攻撃距離は伸びる。
マリアナ沖海戦で米海軍が「予定外の長距離攻撃」を敢行し多くの損害を出しながらも空母に帰り着く航空機があり得たのも「攻撃で予定より燃料を消費しなかった機体」と考えられよう。
(練度の相違により燃費が大きく変わったせいでもあると思うが。)
いずれにせよ「どの様な戦いが繰り広げられるか」は出撃前には判らないので「攻撃に使う燃料は少なくて良いから攻撃距離を伸ばそう。」と言うのは「ありえない話」ではないがかなり危険な発想だと言える。

なお攻撃距離の算出を航続距離−>練度による修正÷3(これに10%のマージン)ではなく(燃料搭載量−攻撃時燃料消費)÷巡航時燃料消費÷2でデータ化しようと思った事もあった。
でも燃料搭載量と巡航速力が不明な機体(外国の物)が多かったので今回は止めた。

ちなみに零戦21型の燃費はリッター4.1kmだがM4A3E8(シャーマン)中戦車の燃費はリッター0.1km、戦艦大和は約0.002kmである。
大和の燃料搭載量は6300t、重油の比重は0.9なので7000kリットルとなる。
航続距離が7200浬なので13334km。
13334000÷7000000=0.19(切り上げて2m)
1リットルの重油で大和を2m動かせる事を「すげえなあ」と思うか「大食らいだなあ」と思うかは人それぞれである。

(航空機と車両と艦船をの燃費を比較しても意味は無いし燃料の質だってガソリンと重油では全然違う事をお断りしておく。)

旋回性能について
空母戦記2で空戦に於いてキーとなる能力には航空機の速力、旋回能力、固定銃火力、旋回銃火力、防御力と搭乗員の練度、疲労度がある。
また空戦には戦闘機VS戦闘機と戦闘機VS爆撃機(雷撃機、偵察機を含む)の2種類があり爆撃機VS爆撃機の空戦はない。
さて戦闘機だが基本的に前方へ向けた固定銃を装備し目標の後背から接近して攻撃する。
正面同士で接敵しすれ違いながら攻撃しあう事もない訳ではないが殆ど効果はない。
時速600q/hの戦闘機同士がすれ違うのなら相対速度は1200q/hになろう。
つまり1秒につき333mである。
次に戦闘機がどれだけ機銃を発射できるか考えてみよう。
零戦21型の場合、20o機銃2門と7.7o機銃2門を装備しているが20o機銃は前方約200mで弾道が交差する様に装備されているので有効射撃距離は約100〜300mの「200m間」となる。
1秒333mですれ違うのだから撃てるのは僅か0.6秒。
20o機銃の発射速度は毎分520発だから1門あたり5.1発しか射撃できない。
2門で10発だ。
機体をブレさせずに直進させ目標に対し正対していればこの10発は命中が期待できる。
僅か0.6秒に過ぎない発射タイミングを間違えなければ。
だが「こちらが射撃できる事」は「敵もまたこちらを射撃できる事」を意味しうまく当てられたとしてもこちらも当てられてしまう可能性がある。
よって正面同士で接敵する空戦は戦闘機にとって不合理であり後背から接近して攻撃するのが常道となる。
どちらも敵の後背に回りたい。
どの様にして?
ここで旋回能力が重要な役割を果たす。
速力だって重要だ。
速力が優っていれば優位な位置から接敵する事も振り切って逃げる事も可能なのだから。
かくして戦闘機VS戦闘機の空戦では速力と旋回能力に優る側がイニシアティブを握る。
一方、戦闘機に対し爆撃機は空戦を望まない。
よって逃げるだけであり接敵行動してくる敵戦闘機に旋回機銃で反撃するだけである。
すなわち戦闘機VS爆撃機の空戦に於いて旋回性能は意味をなさない。
爆撃機は戦闘機の後背に回り込もうとしないのだから。
(中には戦闘機に格闘戦を挑み固定銃で撃墜した艦爆も存在したが例外と言えよう。)
目標となる爆撃機を補足した戦闘機は射撃を開始するが「敵を補足した時」は同時に「爆撃機の旋回機銃の射程に入った事」を意味し反撃を受ける。
ただし爆撃機は全ての旋回機銃を戦闘機に指向できる訳ではない。
さてゲーム中での旋回能力の反映だけど空戦のイニシアティブ決定時、旋回能力は速力と共に判定される。
ついで捕捉判定時、目標が戦闘機であれば双方の旋回能力が速力と共に判定される。
また全てに於いて搭乗員の練度と疲労度も判定対象となる。
具体的に言うと零戦21型の速力は518km/hなので10となる。
算定基準は300km/h未満を1とし以降、25km単位で+1だからである。
(デザイナーといえどもこの数値はさわれない。)
旋回能力は1〜5の5段階評価で零戦21型の場合は4となる。
(ここはデザイナーの評価である。)
一方、P40B型の場合、速力は566km/hなので12、旋回能力は2としてデータ化している。
つまり速力ではP40B型の方が2優位であるが零戦21型の方が旋回能力が高いので総合的にはイニシアティブ決定時に互角となる。
しかし捕捉判定時、戦闘機対戦闘機の戦いでは旋回能力を1.5倍(端数切り捨て)するので零戦21型は総合で16、P40B型は15となり差が生ずる。
よって零戦21型とP40B型の空戦では零戦の方が敵機を落としやすくかつ落とされにくくなる。
だが対爆撃機戦では速力に優れたP40B型の方が敵を捕捉しやすいと言えよう。
つまりこれまで機動力と言う単一のデータであった物を速力と旋回能力と言うデータに二分したのは「対戦闘機用戦闘機」と「対爆撃機様戦闘機」の性格付けを明確にする為である。
また空母戦記2ではこれまでの弊社ゲームと異なりイニシアチブ決定が機種毎(もしくは編隊毎)ではなく1機単位となる。
これにより練度差が大きくクローズアップされると共に総合能力が近い場合には一方的な空戦となりにくくなる。
つまり零戦21型とP40B型は機体の性能としてはイニシアティブ決定時に同等なのだが練度5が8機、練度1が10機の零戦21型と練度3のP40B型20機が空戦した場合、練度5の零戦21型8機に「先制攻撃の機会」が与えられ練度3のP40B20機がこれに続く。
練度が低かったり疲労度が蓄積していたりすれば航空機の性能が優っていても充分な戦果が挙げられないのである。
また総合的に同じ能力の航空機が空戦した場合、練度や疲労度だけではなく乱数も加算されるので「ちょっとの差が絶対的結果」にはならなくなる。


前のページに戻る