日米海軍の空母増勢推移

それでは日米海軍の空母増勢推移について少々。
まずお断りして置くが今回は両国の護衛空母(隼鷹型とコロッサス型を除く商船改装空母)については触れない。
「護衛空母の存在によって艦隊型空母の負担が軽減される事」や「状況によっては艦隊型空母の代わりに作戦行動できる事」を考えると護衛空母の存在は非常に重要なのだが何しろ米海軍の護衛空母は数が多いので書き出すと大変だからである。
なお空母の建造推移を年度計画単位で記述する事も出来るが今回は竣工期日と起工期日を基準に解説した。
その理由は米海軍の場合、戦前の1940年度計画(両洋艦隊計画)で予算成立したCV14(タイコンデロガ:エセックス型)やCV15(ランドルフ:エセックス型)の起工が1943年まで遅れたりしているので年度計画単位だと実相にそぐわないからである。
さて艦隊型空母だが開戦時、両国海軍の保有数は日本が9隻(鳳翔、赤城、加賀、龍驤、蒼龍、飛龍、翔鶴、瑞鶴、瑞鳳)、米国が7隻(レキシントン、サラトガ、レンジャー、ヨークタウン、エンタープライズ、ワスプ、ホーネット)、建造中もしくは他艦種からの改装中である艦隊型空母は日本が4隻(祥鳳、隼鷹、飛鷹、大鳳)、米国が5隻(エセックス及びCV10、11、16、17:全てエセックス型である。これらの艦の艦名は戦没艦を踏襲した例が多く紛らわしいのでとりあえず1番艦を除きCVナンバーで記す)であった。
当然の事だが太平洋戦争は「日本海軍の真珠湾奇襲によって幕を開けた戦争」なので日本海軍にとっては「計画的な戦争」である反面、米国にとっては「不測の戦争」となる。
よって日本海軍は開戦前から1942年内の竣工を目指して空母の建造(既存艦船からの改装)を押し進めており開戦から1年以内に艦隊型空母4隻(改装中であった祥鳳、隼鷹、飛鷹に加え開戦後に改装着手した龍鳳)を増勢させた。
一方、「不測の戦争」であった米海軍は開戦から1年以内に1隻も増勢させられなかった。
とは言え開戦時の「真珠湾奇襲ショック」によって米海軍が空母の大量建造に踏み切った事は論を待たない。
それでは米海軍の空母増勢状況を概括して見よう。
まずは日本海軍であるが米海軍にとっての「真珠湾奇襲ショック」に匹敵するのが日本海軍にとっての「ミッドウェーショック」であった。
主力空母4隻の喪失は改装空母4隻で埋められる穴ではない。
いや、これからは空母の損失が激増するであろうし空母が有効な兵器である事は周知の事実である。
かくして日本海軍は戦艦3隻、巡洋戦艦2隻、空母3隻を主体とするD計画を改訂し空母の量産に主眼を置いた改D計画を策定するに至った。
先の戦時急造計画で建造が決定された雲龍に続き改D計画で建造を予定した艦隊型空母は雲龍型15隻(後に13隻に削減)、改大鳳型5隻の20隻に及ぶ。
更に改装艦として信濃、千歳、千代田の3隻(護衛空母については省略)が加わった。
ただしこれらの空母が同時に建造できる訳ではない。
造船所や海軍工廠の能力には限界がある。
20隻の空母を新造すると豪語しても開戦から1年以内に起工(もしくは改装着手)できたのは僅かに雲龍、天城、信濃、千歳の4隻だけに過ぎなかった。
ちなみに改D計画の最終艦(改大鳳型5番艦)の竣工予定は1948年9月である。
すなわち空母20隻の新造と言っても1942年10月起工の天城から1948年9月竣工の最終艦まで6年かかるのであって1年あたりでは3隻ちょっとに過ぎない。
かたや開戦後1年以内に起工(もしくは改装着手)された米海軍の艦隊型空母はエセックス型3隻とインデペンデンス型9隻の合計12隻に及ぶがこれらは開戦時の「真珠湾奇襲ショック」による産物で開戦時、既に建造中だったエセックス型5隻と合わせると17隻にもなった。
ただし「開戦から1年以内」には1隻も竣工していない。
かくして「開戦から1年以内」に日本海軍は6隻(祥鳳、赤城、加賀、龍驤、蒼龍、飛龍)を失ったものの7隻を保有した状態で「1年目」を迎えたのに対し米海軍は4隻を失い保有数は3隻(3隻のうちレンジャーは大西洋に派遣されていたので実質的には2隻)となってしまった。
2倍以上の隻数なのだから日本海軍は圧倒的に有利であったと言えよう。
しかし日本海軍が優勢を誇ったのはこの時点までである。
開戦から1年少々過ぎた1942年の大晦日に竣工したエセックスを皮切りに米海軍は続々と艦隊型空母を竣工させていった。
その数は開戦から2年目の1943年12月8日まででエセックス型7隻、インデペンデンス型8隻に達する。
まさに1943年は「米海軍の艦隊型空母が増強された年」であった。
これに対し日本海軍が開戦後1年目以降2年目までに竣工させた艦隊型空母は千歳と千代田の2隻だけに過ぎない。
1943年に戦没した日米海軍の艦隊型空母は0なので開戦後2年目を迎えた時点で日米海軍の艦隊型空母保有数は日本海軍9隻、米海軍18隻になる。
1年の間に二倍の優勢から戦わずして二分の一の劣勢に転落したのだ。
米新鋭空母の第一陣であるエセックスが竣工した1942年12月31日は記憶に値する日だと言えよう。
更に「全くの新米兵力」だった米空母機動部隊は度重なる機動空襲作戦で着実に練度を向上させていった事も忘れてはならない。
そして開戦後3年目の1944年6月、日米空母機動部隊はマリアナ沖海戦で激突する。
それまでに日本海軍は大鳳、米海軍はエセックス型3隻、インデペンデンス型1隻を竣工させているので保有数は10対22となった。
ただし日本海軍のうち鳳翔は練習空母となっていたので海戦に投入されたのは9隻、米海軍は諸処の理由(レンジャーは練習空母、数隻が慣熟訓練中)により15隻であった。
この戦いで日本海軍は3隻(大鳳、翔鶴、飛鷹)を失い更に劣勢を余儀なくされる。
かくして7対22、兵力比は三分の一となった。
「ミッドウェーショック」によって建造された日本側艦隊空母のうちマリアナ沖海戦に間に合ったのは千歳、千代田の2隻でしかない。
ついで3年目の後半期には雲龍、天城、葛城、信濃など「ミッドウェーショック」による4隻が加わったもののレイテ海戦と潜水艦の雷撃で5隻(信濃、瑞鶴、千歳、千代田、瑞鳳)を喪失し日本海軍は艦隊型空母6隻で4年目を迎えた。
後半期に於ける米海軍の増加はエセックス型4隻である。
喪失はレイテ海戦でインデペンデンス型が1隻。
よって6対25で兵力比四分の一。
四年目の1945年8月15日に終戦を迎えるが以降はもはや日本海軍に追加はない。
終戦までに雲龍が潜水艦によって沈められ5隻(鳳翔、隼鷹、龍鳳、天城、葛城)が残ったが鳳翔を除く4隻は損傷しており戦力的価値(鳳翔は練習空母なのでもとより戦力とは言い難い)は零に近かった。
4年目から終戦までに米海軍が竣工させた艦隊型空母はエセックス型3隻である。
かくして5対28の兵力比五分の一(実質的にはそれどころの比率ではない)で日米海軍の艦隊型空母建造競争はその幕を閉じた。
ここでひとつ考えてみよう。
果たして日米海軍は最後まで全力で艦隊型空母を建造し続けたのであろうか?
大戦末期の日本海軍は本土決戦に備えるのが関の山であったからもはや艦隊型空母どころではなかった。
1944年11月には建造中であった雲龍型2隻(阿蘇、生駒)の工事を中止している。
一方、米海軍は終戦後もエセックス型やらミッドウェー型やらサイパン型やら艦隊型空母を竣工させ続けた。
だが実の所、終戦前の時点で既に米海軍は艦隊型空母の建造を控え始めていた。
1945年3月には当初、32隻建造される予定だったエセックス型の中からCV50〜55の6隻が計画中止されミッドウェー型2隻(CVB56、57)も計画中止とされた。
更に終戦を目前に控えた1945年8月12日には既に建造中であったエセックス型2隻(CV35、46)の建造も中止(この時はコメンスメントベイ型護衛空母16隻の建造もキャンセル)されている。
(ちなみに1943年1月にもCVB44が計画中止となっているがこれは空母増勢の縮小とは関係ない。CVBを当初、3隻とするか4隻とするかで混乱が生じたと思われる。)
既に建造中の艦の工事を中止するくらいだから4年目に起工された米海軍の艦隊型空母は至って少なくエセックス型1隻(イオージマ:起工はされたが終戦直前に工事中止された。前述のCV46である。)だけであった。
4年目に起工された日米海軍の艦隊型空母は日本海軍側0、米海軍側1ではからずも「両海軍とも艦隊型空母増勢の意志なし」であるが「空母を起工しようにもできなかった日本海軍」と「もはや戦勢は明らかであり更なる増勢を求めなかった米海軍」では全く方向性が異なる。
果たして両海軍は「どの時点でもっとも艦隊型空母の建造に熱心」であり「どの時点で空母増勢の縮小」を決意したのであろうか?
それでは日米海軍の艦隊型空母建造状況を起工時期から考察してみよう。
これまでは「流れ」を知る為、竣工時期を中心に論述してきたが「両海軍の意図」を考えると起工時期もまた重要なのだ。
起工艦を対象としているのだから下の表では未成艦も含む事に注意して頂きたい。

起工艦リスト(未成艦)
     日    米
開戦   9    7
建造中  4    5
1年目  4   12    米空母はCV3隻、CVL9隻
2年目  5(4) 13    米空母はCV11隻、CVB2隻
3年目  0    9(1)  米空母はCV6隻、CVL2隻、CVB1隻
4年目  0    1(1)  米空母はCV1隻(イオージマ)
合計  22(4) 47(2) 米空母はCV26隻、CVL11隻、CVB3隻
    18   45

CVはエセックス型、CVBはミッドウェー型、CVLはインデペンデンス型もしくはサイパン型である。

一瞥してお判り頂ける様に日本海軍が2年目に起工した空母のうち竣工したのは1隻(これは2年目の初日である1942年12月8日に起工した葛城)に過ぎず改D計画は早くも破綻している。
これに比べ米海軍の空母増勢は1年目の「ミッドウェーショック」(インデペンデンス型軽空母が主体)より2年目(エセックス型空母が主体)の方が拡大しており3年目でやや縮小傾向を辿り4年目で激減した。

日米海軍の空母増勢推移を決定した重大事を列挙してみよう。
1.1941年12月:真珠湾奇襲→米海軍の空母急造決定
2.1942年6月:ミッドウェー海戦日本海軍の空母急造決定
3.1942年12月:エセックス竣工米海軍の空母増勢実現化
4.1944年6月:マリアナ沖海戦両海軍空母機動部隊の決戦
5.1944年11月:雲龍型2隻の工事中止日本海軍空母増勢の破綻
6.1945年3月:エセックス型6隻の計画中止米海軍空母増勢の終了

1943年には何も重大事が発生していないが「何もなかった1943年に形勢が逆転している事」が重要ではなかろうか?
言い方を変えると「1943年に何も起きなかった事」が敗北につながったのである。
「真珠湾奇襲ショック」によって増勢された米海軍空母群はマリアナ沖海戦に間に合い「ミッドウェーショック」によって建造された日本海軍空母群は殆ど戦力とならないままついえ去った。
両海軍の艦隊型空母が総力を挙げて激突したマリアナ沖海戦が1944年であった意味は大きいと考えられよう。

追記:
なお本稿から外れるが英海軍と比べ米海軍は大戦末期でも護衛空母の建造を続けている事にも注目していただきたい。
この点から米海軍にとって護衛空母は艦隊型空母の代用品では無い事が窺われる。


前のページに戻る